Pocket

塗料は溶剤により、水性塗料と油性塗料の2種類に分類することができます。外壁塗装の業者や職人によっても、水性塗料の方がいい、油性塗料の方がいい、と意見が2つに分かれていますので、実際に外壁塗装をする前に水性塗料と油性塗料について知って損はありません。今回は、油性塗料について詳しく紹介をします。

油性塗料について

油性塗料は、シンナーやラッカーシンナーで塗料を希釈したものをさします。シンナーで希釈したものを弱溶剤塗料、ラッカーシンナーで希釈したものを強溶剤塗料といいます。本来は、溶剤塗料というのですが、水性の真逆ということで油性塗料と呼ばれています。

そして、水性塗料は水で薄めるので健康被害などに関しては極めて無害な塗料ですが、油性塗料の場合はシンナーやラッカーシンナーなどの有機溶剤に関しては健康被害に関しては有害といえます。

有機溶剤というものは、極めて危険なものであり、その本質は他の物質を溶かすための物質です。ものを溶かすことを前提にして作られたものです。当然ですが、人体にも有害な物質であり、有機溶剤を取り扱う仕事に就いている方は、特殊な健康診断を行うように厚生労働省が定めているほどに危険性の高い物質です。

また、有機溶剤のニオイを嗅が続けているだけで人体に害を及ぼすわけです。一昔前というかかなり前の不良漫画では、ドラックの代わりにシンナーを吸っている描写があります。あのようにシンナーを吸い続けた場合、人体の中で頑丈な部類に入る歯ですら、シンナーの影響でボロボロに溶けてしまいます。

強溶剤と弱溶剤

油性塗料は、強溶剤と弱溶剤の2種類にさらに細分化することができます。

シンナーには様々な種類があり、溶解力の強い下記のシンナーが強溶剤になります。

  • アクリルシンナー
  • ラッカーシンナー
  • ウレタンシンナー
  • エポキシシンナー

一昔前は、これら溶解力の強いシンナーにて塗料をドロドロに溶かして外壁塗装するというのが一般的であり盛んでした。

VOC削減と弱溶剤塗料

近年は環境と人体への影響を減らすために、国はVOC削減という推進しています。

このVOCとは、揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)のことであり、簡単にいえばシンナーのことです。

このVOC削減の理念推進により、人にも環境にも有害な強溶剤塗料の使用をできるだけ控えた方がいいとして、大手の塗料メーカーでも溶剤塗料を改良して、弱いシンナーを利用してでも溶ける塗料の開発をすすめています。

この塗料メーカーの努力によって完成したものが弱溶剤塗料です。弱溶剤塗料はシンナーの中でも低刺激の塗料用シンナーを使用した油性塗料になります。ニオイや人体、環境などの影響に関しては、当然ですが強溶剤塗料と比較をすると少なくなります。

将来的には、この弱溶剤塗料も衰退していき、水性塗料や新しく開発された塗料が出てくる可能性もあります。ただ、油性塗料に関しては高い耐久性を持ち密着力に関しても魅力的なので根強い人気があります。そのため、新しく開発された塗料などがよほど優れていない限りは現在のところはまだまだ使用され続けるでしょう。

塗料専用シンナーについて

塗料のために開発されたシンナーであり、ガソリンや灯油に近く、人間の身体への影響が非常に少ないシンナーです。

ペイント薄め液とも呼ばれています。

まとめ

油性塗料については、シンナーにより塗料を薄めたものを油性塗料といいます。以前は強溶剤塗料という強いシンナーでドロドロに塗料を溶かして使用していましたが、近年ではVOC削減の理念のもと、塗料メーカーが塗料を進化させ、塗料専用シンナーで溶ける塗料を開発し、現在はこちらが主流となっています。

水性塗料の進化により、利用されなくなったとはいえ、根強い人気がり水性塗料と油性塗料は半々で使用されています。

Pocket