Pocket

met128_128外壁塗装をしてくれる業者は大手から中小企業まで様々です。どちらに依頼をしてもいいと思いますが、必ずしも大手がいいわけでも、中小がいいわけでもありません。今回は中小企業に外壁塗装を依頼するとどのような仕上げをしてくれるのか紹介します。

大手企業だけではない

外壁塗装に関しては、必ずしも大手企業に依頼することで、万事うまくいくとは限りません。意外とトラブルが多いが事実です。もちろん、すべての大手企業がダメというわけではないので、誤解をしないでください。

大手の場合、窓口に営業マンが立ち、営業マンから下請けの職人などに依頼がいきます。そして、この営業マンが間に入ることで、話が少しおかしくなるというケースがあるのです。そのため、どうしても当初の依頼と実際に完成したものにはズレが生じてきてしまうのです。

また、大手企業が間に入りますので、中間マージンが発生して割高となってしまう傾向があります。

中小企業の場合

職人が窓口になる

中小企業へ依頼する場合、職人が受付の窓口になりますので、依頼内容と完成図では誤差が少なくなります。この辺は、中小企業の方にメリットが今のところ強くなります。

地域性にあった塗装をしてくれる

中小企業の場合は地域に密着していますので、その地域の環境に熟知した塗装を行ってくれます。

例えば、海辺の近くならば潮風に強い塗装をしてくれるということです。そのため、全国規模の大企業の場合では少しおざなりにされてしまう、地域性にあった塗装を期待することができるということです。

中間マージンが発生しない

大手へ依頼すると大手に中間マージンを支払い、下請けの業者へ費用の支払いと、費用が高額になる傾向があります。

しかし、中小企業の場合ですが、大手に支払う中間マージンは存在しませんし、大手と比べると全体的に価格が安い傾向があります。

安く済ませたい、大手に中間マージンを取られるのは嫌だという方にとっては、中小企業の方が向いているといっていいでしょう。

中小企業が大手に勝てない点

保証期間

一方、中小企業ですが保証期間は、大手企業には勝てません。大手の価格が高額なのは、この保証期間が長いというのが入っているからであるといってもいいでしょう。

外壁塗装に関しては保証期間が長いにこしたことはありませんので、費用がかかってでも、安心をとりたいという方は、中小企業よりも大手企業を選んだ方がいいでしょう。

悪徳業者が存在する

大手には100%、悪徳業者がいないとはいいませんが、中小企業と比べれば圧倒的に少ないといえます。

中小企業の場合は、きちんと業者を選ばなければ、変な業者に当たってしまう可能性があります。外壁塗装に関しては、適当に塗装をしても数年は持ちます。そのため、数年後に塗装がはがれてきてしまっても、それはそういうものですから、と一蹴されてしまい終わりです。

極端に工事期間が短い場合は、その業者はかなり怪しいと言っていいでしょう。いざ文句を言おうとしたら倒産しているなんてこともあり、これも問題となっています。

大手企業の場合は、このようなケースが極端に少なく、中小企業の多くもこのような詐欺的な手法を使う業者の方が少ないのですが、中小企業を選ぶ場合このようなリスクがあるので、より慎重に業者を選ばないと損をする可能性が高くなるので、注意が必要です。

まとめ

中小企業の利点は下記のものです。

  • 窓口が職人で安心
  • 地域にあった塗料を使用する
  • 中間マージンがないので安い

このような点を見ると中小企業で外壁塗装をした方が絶対にいいのですが、一口に安心ともいえない側面もあります。

  • 保証期間が短い
  • 一定数の悪徳業者の存在

この2点において、確実に中小企業の方が安全とは言えないようです。

Pocket