Pocket

外壁塗装に使われる塗料の種類には、油性と水性の2種類に大別することができます。使用する業者によって意見が異なってくるというのが実情です。業者によって意見が異なります。様々な見解がありますので、実際に外壁塗装をする前にどちらの塗料が良いのか、確認をしてみましょう。今回は油性塗料と水性塗料の違いについて紹介をします。

塗料の構成

まず、塗料を構成するものは下記の4つの成分です。

  • 顔料
  • 樹脂
  • 添加物
  • 溶剤

顔料

これは色に関係する役割を持っています。着色顔料や体質顔料、防さび顔料などの種類があります。

樹脂

塗料はアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素のように耐久性によりグレードわけされますが、この耐久性に関係があるのが「樹脂」です。

耐久性が高い塗料程、価格が高くなる傾向があります。一般的にはシリコン、フッ素の2種類が使用されています。場合によってはウレタンなども使用されていますが、主流はシリコンです。

添加物

ツヤのある塗料、ツヤを消す塗料など、塗料に特別な性能を与えるのが「添加物」です。

溶剤

そして溶剤ですが、この溶剤の種類により、水性塗料と油性塗料の2つに大別することができます。

水性塗料と油性塗料の分類方法

前述した、顔料、樹脂、添加物は液体ではありません。これらが液体では外壁塗装の塗料として使用した場合、簡単に流れてしまいます。しかし、固体では外壁塗装の塗料として利用することができません。個体を壁に貼りつけても外壁を保護しませんし、色を塗ることすらできません。

そのため。外壁塗装用の塗料というのは、液体を使い溶かします。そして溶けた塗料を壁に塗って乾燥させることで、溶かすために使用した液体を蒸発して、壁に密着をするのです。

この外壁塗装用の塗料を溶かす液体により、水性なのか油性なのかが決まるのです。

水性塗料

水で塗料を溶かしたら水性塗料です。

油性塗料

シンナーなどの溶剤というもので溶かしたら油性塗料となるのです。

ちなみに、水やシンナーなどで塗料をどのくらい溶かすか、希釈率はどれくらいなのかは、細かく塗料メーカーにて定められています。また、塗料、塗り方、気温、天気によっても希釈率というのは変わります。

余談ですが、油性塗料は塗料を溶剤で溶かしているので本来は溶剤塗料と呼ぶのですが、水性の反対は油性なので油性塗料と呼ぶことが多くなります。

弱溶剤塗料と強溶剤塗料

油性塗料に関しては、塗装用シンナーで薄めたものを弱溶剤塗料、ラッカーシンナーで薄めたものを強溶剤塗料といいます。

特長としては、弱溶剤塗料の方が臭いは少なく、外壁塗装では弱溶剤塗料が使用されやすいのです。

まとめ

外壁塗装に使用する塗料は、下記の4点から構成されます。

  • 顔料
  • 樹脂
  • 添加物
  • 溶剤

顔料は、塗料の色を決めるもの、樹脂は塗料の耐久度に関係があるもの、そして添加物が塗料に特別な性能を与える効果のあるものです。

しかし、この3つの成分では外壁に塗ることができません。そこで溶剤を使用して希釈して液体にします。そして、外壁に塗り乾燥をさせて溶剤を蒸発させることで塗装完了となります。

溶剤に利用されるものは、水と塗料用シンナー、ラッカーシンナーです。水を使用して希釈した場合は水性塗料になります。塗料用シンナー、ラッカーシンナーを使用して希釈した場合は油性塗料になります。

油性塗料については、塗料用シンナーを使用したものを弱溶剤塗料、ラッカーシンナーを使用したものを強溶剤塗料といいます。一般的には弱溶剤塗料が使用されるようです。

Pocket