Pocket

外壁塗装の塗料には、水性塗料と油性塗料があります。油性塗料に関しては「溶剤塗料」とも呼ばれていますが、塗料を溶かす溶剤に何を使用したかによって、水性塗料と油性塗料に分けることができます。今回は水性塗料について紹介をします。

水性塗料とは?

塗料は、顔料、樹脂、添加物の3種類のものを溶剤によって溶かして、液体にしてから外壁に塗ります。外壁に塗ったあと溶剤が蒸発することで塗料が外壁に密着をするのです。

そして、水性塗料は溶剤に「水」を使っています。油性塗料は溶剤に「シンナー」などを使用するので、取り扱いが非常に難しく、人体に害がありますので、厚生労働省は特殊な健康診断をするように定めています。

以前は、油性塗料が外壁塗装の現場ではメインで使用されていた塗料でした。強いシンナーを使いドロドロに溶かして外壁に塗っていました。しかし、油性塗料はニオイが強く、人体そして環境にも悪いということで、水性塗料の開発はじまりました。

この流れは国がVOC削減(揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の理念を掲げたことで、一気に加速し、多くの水性塗料が開発されるようになっています。水性塗料に関しては、溶剤としてシンナーを使用していなので国のVOC削減政策と非常にマッチします。

水性塗料の特徴は?

良い特徴

水性塗料の特徴としては、シンナーを使用していないので油性塗料と比べるとニオイが少なく安全です。人体や環境に非常に有用な塗料となっています。価格も油性塗料と比べれば、安価な値段で手に入ります。

また、油性塗料と異なり保管方法は簡単であり、特に注意をする必要はないのですが使用しない場合きちんと密閉をして保管をしておきましょう。これはメーカー側でも注意喚起をしています。

悪い特徴

しかし、一切VOCが入っていないかというとそういうわけでもなく、塗料を安定させる為に若干VOCが入っています。つまり、ニオイがしない、安全、というのはあくまでも油性塗料と比べたらという話です。

そのため、必ず換気をしながら作業をする必要があります。換気をしなければニオイがしますし、中毒症状を起こす可能性があり安全でもありません。使用方法を守り使うことが重要です。

そして、水性塗料の特徴はなにもいいことばかりではありません。気温が低い場合、水性塗料では施工をすることができません。また耐候性、耐摩耗性に関しても油性塗料に劣ります。汚れやすく、痛みやすいのです。この水性塗料のよろしくない特徴の影響、特に寒いと作業ができないという点で、寒冷地の場合は油性塗料の方が好まれて使われる傾向があります。

まとめ

水性塗料は油性塗料とは異なり、溶剤に水を使用して塗料を液体化させるので、水性塗料と呼ばれています。

水性塗料は、VOC削減を国が理念として掲げることにより開発が一気に進んだ塗料です。そのため、近年広まり出した塗料です。水で塗料を溶かすので人体や環境に非常にメリットのある塗料です。ニオイや安全性に関しても高いのですが、塗料を安定させるためにVOCが含有されていますので、まったく臭わないわけでもなく、換気をしながら作業をしないと危険である点は注意をしましょう。

油性塗料と水性塗料の優劣に関しては、業者によって見解が分かれますが、寒冷地や外壁への密着度など高さから油性塗料を支持する業者もいます。ただ、現在の施工現場においては油性、水性が半々で使われています。

水性塗料に関しては過渡期であり、将来的にさらなる研究開発の余地があります。まだまだ一般的ではなく、一部の環境意識の高い塗料メーカーが販売しているVOCフリーの塗料や無溶剤型塗料などが、将来的には大手の塗料メーカーからも発売されるようになるのではないのでしょうか。

Pocket