Pocket

外壁塗装の塗料を選ぶ際に「水性塗料」にするのか「油性塗料」にするのかは悩む点であると思います。これは専門の業者でも意見が分かれるところであり、こだわりによって異なります。今回は、水性塗料と油性塗料どちらがいいのかを比較してみましょう。

水性塗料と油性塗料

塗料は溶剤によって溶かして液体にして初めて塗料として使用することができます。この溶剤が水であれば水性塗料、シンナーなどであれば油性塗料となります。

水性塗料のメリット

水性塗料のメリットについては、下記のもがあります。

  • 油性塗料と比較をしてニオイが少ない
  • 現場での保管が比較的楽であり、危険が少ない
  • 価格が油性塗料より安い

この3点が水性塗料のメリットです。

水性塗料のデメリット

次に、水性塗料のデメリットですが、下記のものです。

  • 油性塗料と比較をすると耐候性が劣り、寿命が短い
  • 塗装することができない下地が多い
  • ツヤが落ちやすい
  • 低温では施行をすることができない
  • 雨が多いと施行が困難になる

水性塗料のデメリットに関しては、塗料メーカーごとに異なっており、たとえば関西ペイントのアレスダイナミックフィラーならば、雨が多くても関係なく外壁塗装をすることができます。一般的に言われているものであり、必ずしもこのデメリットの通りということではありません。

油性塗料のメリット

油性塗料のメリットは下記の通りです。

  • 長持ちする傾向がある
  • ツヤを維持しやすく、耐汚染性に優れている
  • 低温でも施工をすることができる

油性塗料のデメリット

油性塗料のデメリットは下記の通りです。

  • ニオイが強い
  • 価格が高い

水性塗料と油性塗料はどっちがいいのか?

以前は、油性塗料の方が性能は高く、特別な事情が無い限り油性塗料一択でした。しかし、現在において塗料メーカーの技術進歩により、水性塗料と油性塗料の性能の差や違いというのはほとんどなくなっているのです。

メーカーとしても、VOC削減や環境問題への意識の高まりから水性塗料の開発にとても力をいれています。水性塗料は人体に害が少なく環境にも優しい、ニオイなども少ないので将来的にさらに進歩する塗料です。

また、以前は水性塗料の方が値段は高かかったのですが、現在では高機能でグレードの高い水性塗料であっても価格は低くなっています。

では、現在は水性塗料にすべきなのかといえば、水性塗料では塗ることのできない下地が存在しています。将来的には対応が可能であるとは思いますが、現在は油性塗料でしか塗ることができないわけです。

結論

機能性で選ぶのであれば、油性塗料です。ニオイなどのデメリットも多いのですが、それであっても、耐久性、耐汚染性に関しては油性塗料の方に軍配が上がります。エスケー化研をはじめとした大手塗料メーカーの実験結果から客観的に述べて、水性塗料と油性塗料の機能性の差は縮まっていますが、それでも油性塗料の方が上です。

一方、環境や人体への影響の方を第一に考えるのであれば、たとえば、これから赤ちゃんが生まれる、隣近所が密集している地域に住んでいるのであれば、ニオイの少ない水性塗料が優れています。

つまり、水性塗料と油性塗料はケースバイケースで、使用する環境や目的により優劣が変わってきます。現在住んでいる住宅の外壁、および周辺環境、コンセプト、人体への影響などを総合して柔軟に判断していくことがなによりも重要なのです。

まとめ

水性塗料と油性塗料の性能の差というのは近年の塗料メーカーの努力により、そこまで大きな差があるというわけではありません。しかし、水性塗料は使用することのできない下地があったり、汚染性や耐候性が油性塗料に劣っていたり、使用できる環境条件が決まっているなど機能面からみれば油性塗料の方が優れています。

一方、人体への影響、環境への影響などに関しては、水性塗料の方が優れており、VOC削減という国の目標ともマッチしていますので、さらに高性能な塗料が開発され続けるのは水性塗料です。

しかし、その塗料を使う住宅により優劣が異なりますので、状況にあわせて水性塗料と油性塗料、よくよく考えて選びましょう。

Pocket