Pocket

外壁塗装をする際に、シリコン塗料にするかウレタン塗料にするかで迷う人が多いようです。値段的にはウレタン塗料の方が安いのですが、シリコン塗料の方が現在は主流です。機能性や耐用年数だけで選んでしまうと失敗する可能性もありますので、シリコン塗料とウレタン塗料どちらを使った方がいいのかみていきましょう。

シリコン塗料とウレタン塗料

シリコン塗料は、現在、外壁塗装においてもっともスタンダードな塗料となっています。塗料の持ちである耐候性が優れており、以前から注目はされていたのですが、価格面の問題で中々、スタンダード塗料にはなれなかったのです。しかし、以前と比べると価格は下がり、今現在ではもっとも人気のある塗料といって過言ではありません。

そのため、外壁塗料をする業者が勧める塗料はだいたいシリコン塗料です。

一方、ウレタン塗料ですが以前の外壁塗装業界では主流の塗料でした。まだ、フッ素塗料が開発されておらず、シリコン塗料も値段が高額で中々手が出せない高級品であったので、ウレタン塗料が非常に多くしようされていました。現在は、シリコン塗料の価格が安くなり、ウレタン塗料よりも少し高い程度で使用することができるうえ、耐用年数が倍以上もありますので、現在はウレタン塗料はあまり使用されず、断然シリコン塗料の方が人気です。

ただ、中にはウレタン塗料が良いと勧める業者も存在しており、人気は根強いといえるでしょう。

シリコン塗料の耐用年数とウレタン塗料の耐用年数

シリコン塗料の耐用年数

価格相場として、30坪の場合、シリコン塗料は約87万円します。

そして、外壁耐用年数については、10年~15年程度、屋根用年数としては8年~10年程持ちます。

また、耐候性が高く、汚れがつきにくく、そして色あせしづらいというメリットもあります。

ウレタン塗料の耐用年数

価格相場として、30坪の場合、ウレタン塗料は約72万円します。

そして、外壁耐用年数については、6年~10年程度、屋根用年数としては5年~7年程度です。

また、光沢がある、様々な場所に塗ることができる、密着性が高い、シリコンに比べて安いなどのメリットがあります。

シリコンが有利か?

価格相場や耐用年数については、あくまで目安ですが、シリコン塗料の方が有利です。ただ、ウレタン塗料もシリコン塗料もピンからキリまであります。少しでもシリコンが入っているのでシリコン塗料として販売する塗料メーカーなどもありますので、注意をしましょう。

屋根の塗装に関してはそこまで差がありません。ただ、外壁塗装としては同じ塗料で外壁と屋根を塗った方がいいとされていますが、屋根の方が先に寿命を迎えてしまいます。その都度、屋根のために塗装をするのはコスパ的に優れていませんので、屋根については、ワンランク上の塗料を使用するようにしましょう。シリコン塗料で外壁を塗ったのであれば、フッ素で屋根を塗ることで、だいたい同じタイミングに塗り替え時期となります。

ただ、言えるのはシリコン塗料もウレタン塗料もケースバイケースであり、たとえば、ログハウスのような木の家でしたら、シリコン塗料よりも、ウレタン塗料の方が向いています。これは、シリコン塗料が木部に塗ることができないというデメリットがあるので、木製の家の場合ならウレタン塗料が強いのです。

単純に主流の塗料だからとシリコン塗料を選ぶよりも、自宅の外壁にあった塗料を選ぶようにするといいでしょう。

まとめ

以前は、ウレタン塗料が主流でしたが、現在ではシリコン塗料の価格が下がったことに伴い、シリコン塗料が主流です。一般的に外壁塗装業者はシリコン塗料を勧めますが、中には根強くウレタン塗料を勧める業者もあります。

耐用年数などはシリコン塗料の方が上ですが、木部に塗ることができないので、ログハウスのような家の外壁塗装には使用することができません。

Pocket