Pocket

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89日本の外壁塗装の老舗塗料メーカーの1社である、神東塗料株式会社は、水性塗料の神東と呼ばれるほど塗料の水性塗料の開発に取り組んできた企業です。また、東証一部上場の塗料メーカーでは国内4位の企業です。工業用塗料から建築用塗料まで幅広く扱っている神東塗料株式会社を今回は紹介していきます。

神東塗料株式会社

神東塗料株式会社は、1901年に神戸ボイル油株式会社として創業をしました。本社は兵庫県尼崎市南塚口町に本社を置き、工業塗料や建築用塗料の開発・販売を行なっています。東証一部上場の塗料メーカーでは国内4位の企業になります。

工業用塗料は、家具、車両などの金属部分に利用されています。そして、建築用塗料は高層ビルから戸建住宅の外壁まで幅広く塗料が使用されています。

また、神東塗料株式会社は環境への取組にも力を入れており、早くから塗料の水性化に取り組んでおり有機溶剤の使用を低減して低VOC化を実現しており、開発している塗料の70%が水性塗料です。

さらに人と環境に優しい安全な塗料の開発を行なっており、その1つが、外壁用の塗料の中にも鉄やクロムを含まない無溶剤形塗料などの高機能な環境対応塗料です。

そして、神東塗料の塗料は、色彩、美装、光沢性などの「美観」、そして耐候性、耐衝撃性、耐摩耗性などの「保護」、防汚、遮熱、速乾などの「機能」の3つをコア技術と考えての塗料開発を行っています。

水性塗料と油性塗料

神東塗料は、水性塗料を強みとして持っていますが、外壁や屋根用の塗料には水性と油性の2種類があります。

水性塗料に関しては、水で希釈することができ、油性塗料はシンナーで希釈をします。

油性塗料の方が耐久力は高く人気がありましたが、現在では水性塗料の耐久性がアップしてきましたので、油性塗料と遜色なくなり、水性塗料が使用される機会も増えてきました。

ただ、寒冷地や屋根では塗りやすく、耐候性が高いので、油性塗料が多く使われる傾向があります。気候や天候などで使用される塗料の種類が異なります。

油性塗料のデメリットとしてあげられるのがニオイですが、塗料それ自体のニオイというのはそこまできつくなく、ニオイが少ない塗料用シンナーで希釈をしますので、実はそこまでニオイというのは気になりません。

神東塗料の塗料

シントップシリコンマイルド

油性アクリルシリコン塗料です。

高耐候性、低汚染性という特徴を持っています。コンクリートやモルタルの上塗りに使用できます。

水性ハイテントップ

水性アクリルシリコン樹脂塗料です。

高光沢、高耐候性、低汚染性を特徴として持っています。シロキサン結合による塗膜とUVブラインド効果にて耐候性に非常に優れています。

ハイテントップF

油性アクリルシリコン樹脂塗料です。

耐候性、耐汚染性、防藻性を持っています。PCパネル、コンクリート、モルタルで使用することができます。

マイルドシリコン

油性アクリルシリコン塗料です。

高耐候性、低汚染性があります。また、鉄やクロムを含有していない環境に優しく、また人にも優しい塗料です。

フロンティア

フッ素樹脂塗料です。

耐候性、耐汚染性に優れており、外壁、屋根、そして鉄部の塗装に優れています。

マイルドフロンティア

油性フッ素樹脂塗料です。

耐候性、耐汚染性に優れています。窯業系サイディングボードの外壁材、屋根の塗装に向いています。

アクアフロンティア

水性フッ素樹脂塗料です。

耐候性、低汚染性、安全性に優れています。そして、鉛やクロムを含んでいませんので環境にも優しい塗料です。

まとめ

神東塗料の1901年に創業した老舗の塗料メーカーです。工業用塗料や建築用塗料の開発販売を行なっていますが、特に水性塗料の開発販売に力を入れています。

また、「美観」「保護」「機能」の3つをコア技術として塗料の開発を行なっており、人と環境に優しい塗料を多く開発しています。

Pocket