Pocket

calculation128_128外壁塗装の業者を選ぶ場合、よくリフォーム業者と工務店の違いについて悩む方がいます。この2つの業者は両方とも外壁塗装を行ってくれますが、共通するデメリットも存在します。今回は外壁塗装におけるリフォーム業者と工務店の違いについて紹介をします。

リフォーム業者と工務店の違いとは

まず、リフォーム業者はリフォームを専門的に行います。リフォームにも様々な種類がありますが、その中の1つとして外壁塗装も行うという認識で間違いはありません。

基本的に、見積もりを出して下請けの業者に依頼をするというのが、リフォーム業者です。

一方、工務店ですが、ここはリフォームのみならず、注文住宅のような新規工事も行う業者です。リフォーム業者よりも幅広く活動を行いますが、基本的に下請けに任せてしまいます。

その際、施工業者に見積もりを出してもらい、その見積もりに工務店の利益を上乗せした見積もりで提案をしてきます。

つまり、リフォーム業者も工務店も基本的には下請けの企業に任せて、中間マージンを得るという経営スタイルになります。

外壁塗装に対する知識差

外壁塗装に関する知識の差ですが、工務店の方が外壁塗装に関する知識を有しているケースが多くなります。

工務店の多くが、実際に現場まで出向いて職人へ指導しますし、さらに地元の職人とのパイプが太くなっていますので、良い職人を下請けとして持っているパターンが多くなります。

一方、リフォーム業者に関しては向き不向きを持っているのがですが、多くの場合、現場まで赴いて現場の指示や指導というのは行いません。また、担当する人が外壁塗装に関する知識を持っていないケースもあります。

職人の質が安定していないというケースが、リフォーム業者には多くみられます。リフォーム業者選びを失敗すると、外壁塗装工事の失敗確率は工務店と比較をすると高くなります。

リフォーム業者にも向き不向きがある

リフォーム業者は、もともとは工務店であったり、塗装業者であったものがリフォーム業に形を変えたものが多くなります。

元々が塗装業者の場合、外壁塗装に関する知識を持っていますので安心して依頼をすることができ、場合によっては現場の指導なども行ってくれるリフォーム業者もあります。

逆にまったくの専門外であれば、そこまで高いバックアップを望むことができませんので、現在までに外壁塗装工事を何例仕上げてきたのか実績を聞き、実績が豊富であるのなら頼んでも安心といえます。

工務店は新築工事がメイン

工務店の収益で一番大きいのが新築工事です。外壁塗装の工事と比較をすると新築工事の方が儲けになりますので、外壁塗装の工事実績をあまり持っていない工務店も存在します。

工務店に依頼を考える場合であっても、外壁塗装の施工実績について確認作業を怠ってしまうと、満足できる仕上がりにならないというケースが多々あります。

まとめ

外壁塗装の工事を行う業者として、リフォーム業者と工務店がありますが、両社とも外壁塗装もできるけれど、専門店ではないということです。

リフォーム業者に関しては、元が外壁塗装を行っている業者でない限り、外壁塗装に関する知識を持っているというわけでもありませんし、工務店も新築をメインに行っていると外壁塗装についての知識というのは乏しくなります。

また、両社とも下請けへ依頼をしますので、中間マージンが余計に発生して、費用がかかる分そこまでいい塗装をしてくれないというケースが考えられます。

Pocket