Pocket

nihon日本の三大塗料メーカーは、日本ペイント、関西ペイント、そしてエスケー化研です。外壁塗装の塗料で悩んだ場合、とりあえず、この3社から選らんでおけば間違いは起こりにくいといえます。逆に、聞いたことのないメーカーや塗装会社オリジナル塗料というのは危険なので選ばない方がいいでしょう。今回は日本ペイントについて紹介をしていきます。

日本ペイントの概要

日本ペイント株式会社は、大阪に本社を置き、塗料の製造や販売を行なう企業であり、創業は明治14年3月14日、茂木兄弟が光明社として南品川に設立しました。当時の日本は塗料を輸入に頼っていたのですが、創業者の茂木兄弟は亜鉛華より固塗塗料を開発して、それ以降日本は輸入だけに頼らないで済むようになりました。明治31年に日本ペイント製造株式会社と改名し、日本で初めての塗料工業会社となります。

つまり、日本ペイントは、日本国内でもっとも古い塗料メーカーであり、老舗中の老舗です。

通称として、「ニッペ」などがあります。家庭用塗料はニッペという通称が使われているので、現在でも日本ペイントはニッペという通称で浸透していうるメーカーです。

建築用塗料としては、日本ペイントでは、パーフェクトトップが有名であり、価格は1缶あたり15キロ入り14,000円です。高性能フッ素系塗料として、高弾性ファイン4Fセラミックというのもあり、こちらは1缶あたり15キロ入りで49,000円です。

商品の品質は高く、価格に関しても高額というわけではありません。そのため、業者では多く使用されており、また自分で外壁塗装をはじめとしたDIYで使用するペイントにした場合でも日本ペイントの塗料は手に入れやすいという特徴があり、日本の外壁塗装のシェアでは、27%を持っており、これは日本第2位のシェアを誇っています。

日本ペイントの塗料の性能と特徴

日本ペイントの塗料に関しては、ハナコレクションなどがあります。彩が花のように浮くしくなり、住まいを素敵に演出するシリーズです。また、塗り替え中に花の良い香りがします。

さらに、サーモアイシリーズに関しても人気が高く、下塗り用でも上塗り用として用いても遮熱効果で反射率を高くする効果があり、この塗料を使用すると屋内の室温が下がるなど、高い遮熱性が魅力的です。

ハナコレクション100水性

外壁塗装用の塗料であり、1液型セラミックシリコン塗料になります。この塗料を使用した場合の耐用年数は、7年~13年ほどです。

特徴として、塗料を使用中、塗料からバラの香りがします。

ハナコレクション300UVファイン

外壁塗装用の塗料であり、2液型フッ素塗料です。使用した場合の耐用年数は10年~15年ほどです。

特徴として、防藻・防かび性能があります。耐候性にも優れた塗料です。

ファインサーモアイウォールSI

外壁塗装用の塗料であり、2液型知り耐熱塗料です。

特徴として、耐候性・低汚染性・防藻・防かび・透湿性に優れた効果を発揮する塗料です。

水性サーモアイウォールSI

外壁塗装用の塗料でさり、水性1液型シリコン遮熱塗料です。

特徴としては、耐候性・低汚染性・防藻・防カビ・透湿性に優れた効果を発揮する塗料です。

ファインシリコンフレッシュ

外壁塗装用の塗料であり、2液型アクリルシリコン塗料で、外壁や鉄部・付帯部の塗装に最適な塗料です。

特徴として、耐候性・低汚染性に優れています。

パーフェクトトップ

外壁塗装用の塗料であり、水性1液型ラジカル制御刑ハイブリッド高耐候性塗料です。

能力的にはシリコン以上、フッ素以下の耐候性となっています。

DNAシリコンセラ

外壁塗装用の塗料であり、水性1液型セラミックシリコン塗料です。

特徴として、モルタルやコンクリートへ塗装を施す場合に非常に力を発揮する塗料です。

水性シリコンセラ

外壁塗装用の塗料であり、1液型セラミックシリコン塗料です。

高耐久性を持っており、低汚染性・防藻・防カビに優れた塗料で、微弾性になっています。

まとめ

日本ペイントは、日本で2番目のシェアを誇り、日本でもっとも歴史のある塗料メーカーです。

塗料の質は高く、価格もそこまで高くありません。また、塗料の耐用年数を発表している塗料がいくつかあります。そのため、悪徳業者は日本ペイントをはじめとする大手塗料メーカーの塗料を使用するのを避ける傾向があります。

複数の塗料を紹介しましたが、どのような効果が塗料にあるのかを知って使用するといいでしょう。

Pocket