Pocket

日本の老舗塗料メーカーである、川上塗料株式会社は、人と環境に優しい塗料の開発に力をいれているメーカーです。アトピーや喘息の原因とされるシックハウス症候群などを心配しているのであれば、100年以上の信頼と実績のある川上塗料株式会社の塗料を選考の対象にしてみてはいかがでしょうか。今回は、川上塗料株式会社について紹介をします。

川上塗料株式会社

川上塗料株式会社は、各種塗料の製造・販売、塗装工事の管理を及び請負を行なう、1901年(明治34年)に創業した老舗の塗料メーカーです。創業時に国産初のエナメル・ワニスの製造・販売していました。東京証券取引所市場第2部に株式上場を行なっています。
特に川上塗料株式会社は、人と環境に優しい環境対応型塗料の開発に関しては強みを持っており、開発販売を積極的に行っています。そして、下記の3点をコンセプトとして塗料の開発を行なっています。

  • VOC(揮発性有機化合物)を極限まで削減した塗料
  • 鉛、クロムなどの有害物質を含まない塗料
  • 溶剤を使用しない塗料

環境保護に関して

VOC(揮発性有機化合物)は、溶剤として使用されることが多く、公害等を起こす原因物質とされており、川上塗料株式会社のVOCフリーの塗料である「水性ナドエース」は、臭気がほとんどなく、さらにホルムアルデヒドの等級はF☆☆☆☆等級です。

このF☆☆☆☆は、建築基準法の規制対象外という建築材料の区分であり、内装仕上げでの使用に関しても制限なしに使用することができるものです。また有害の物質であるトルエン、キシレンも一切含有されていない非常に安全な塗料です。

近年では、VOCの削減、そして鉛やクロムの使用しない塗料の開発販売は、塗料メーカーでは浸透していますが、その先駆けとなり、今もなお先行して環境保護やエコに、川上塗料株式会社は配慮しています。

遮熱塗料に関して

環境保護の延長戦上として、遮熱塗料の製品の開発も多く手掛けており、「フロンコート」や「ルーフトン4F高反射」という、優れた遮熱性能を持った塗料もあります。太陽光を反射させることで、室内温度を下げるので、省エネに適した塗料です。

鉛を含まない塗料に関して

川上塗料株式会社は、鉛やクロムなどの有害物質を含まない塗料の開発をコンセプトの1つに掲げていますが、その中でもネオシリーズの「ネオアルキコート」は、鉛を含まない塗料として非常に有名です。

光沢と塗りやすく乾燥しやすい作業性の良さもさることながら、学校、公園などに設置されている遊具の塗料として使用されており、子供の鉛への暴露防ぐ役割を果たしています。

川上塗料株式会社の塗料

ナドエース

油性アクリル樹脂塗料です。

耐水性、防カビ性に優れているという特徴の他に、作業性に関しては、下塗りを省略することができる塗料です。

ルーフトンAシリコン

油性アクリルシリコン塗料です。

耐候性が非常に高く、鉛が一切含有されていません。作業性に関しても優れており、ストレート屋根などの塗装に使用されています。

フロンコートW高反射

フッ素樹脂塗料です。

耐候性に非常に優れており、遮熱効果も高く、使用をすることで室内の温度を下げることが可能で、節電、省エネに向いています。屋根の種類としては、ストレート屋根、トタン屋根、カラー銅板などに使用作用されます。

フロンコート700高反射

高反射油性フッ素樹脂塗料です。

耐候性と遮熱効果に非常に優れています。屋根の種類としては、ストレート屋根、カラー銅板、ガルバリウム銅板などにも使用されています。

スイヨウシリコンAS

セラミック変性シリコン樹脂塗料です。

防カビ・防藻効果を持った塗料であり、形成された塗膜は汚れがついても雨水で汚れを洗い流す性能があり、長期間の美観を維持することが可能です。

まとめ

川上塗料株式会社は、100年を超える老舗の塗料メーカーであり、人と環境に配慮した塗料を数多く開発し、これらの分野で業界を牽引し、いまだに先行を走り続けています。

VOCフリー塗料、鉛、クロムを一切使用しない塗料の開発の他に遮熱効果に優れた塗料製品の開発も得意としています。

Pocket