Pocket

kanp_logo外壁塗装をする際に知っておきたいのは、日本に3社ある大手塗料メーカーです。外壁塗装する際には塗料選びというのが重要になりますので、聞いたことのないメーカーや塗装業者が開発したというオリジナルの塗料よりも安心で安全です。もし、複数の塗料で悩んだ際、特にこだわりがないのであれば、大手メーカーの塗料を選べば、質的には安心することができるでしょう。今回は関西ペイントについて紹介をします。

関西ペイントの概要

関西ペイントは、日本の三大塗料メーカーの一角を担う企業です。シェアは9%と3社の中ではもっともシェアが低いのですが、売上に関しては日本1位の企業です。そして、日本ペイントに次ぐ老舗企業なので塗料の質に関しては信頼性が高いといえます。

関西ペイント、正式名称、関西ペイント株式会社は、大阪に本社を置いています。総合塗料メーカーであり、各種塗料の製造販売を中心事業として、配色設計という事業なども手掛けています。

創業は1918年(大正7年)と日本ペイントに次ぐ長さを持っている、歴史のあるメーカーです。

総合塗料メーカーなので、家庭用の塗料から、自動車用塗料、建築用塗料、工業用塗料など幅広い塗料の開発販売がメインで特に、自動車塗料に関してはアジア圏の中でトップのシェアを誇っています。様々な塗料の開発経験から様々な状況に対応した塗料のラインナップが非常に豊富であり、これが関西ペイントの魅力と言って過言ではありません。

家庭用塗料の特徴

関西ペイントの取り扱う外壁塗装用の塗料は、水性シリコン壁用が代表的な塗料であり、アクリルシリコン樹脂を配合することで長期にわたり、外観を美しく保つことができます。

また、この塗料は天候の変化にも強く、さらに水性なので臭いに関しても少なく、環境への負担が少なくて好まれています。価格も4,300円と比較的安価です。

この他にも、アクリル・ウレタン・フッ素・断熱塗料も取り扱っており、近年では遮熱、断熱塗料の開発に注力しています。

関西ペイントの塗料

関西ペイントは遮熱・断熱塗料を多く開発しているのですが、もともとは屋根塗用の塗料だったものを外壁塗装用の塗料に応用したことで、上塗り用塗料の遮熱効果に中塗り塗料の断熱効果があわさることにより、夏は涼しくて冬は温かい空間を実現することに成功しています。

シリコンテックス

耐候性、防カビ・防藻性に優れています。

水性シリコン樹脂塗料であり、特徴として速乾性を持っています。雨に降られてもすぐに乾きます。

リベトルトップⅡ

水性アクリルシリコン塗料です。

特徴として、防水性、耐水性、耐アルカリ性、長期耐候性に優れており、刷毛、ローラー、エアブレス塗りなど様々な塗り方に対応しています。

アレスアクアセラシリコン

水性シリコン樹脂塗料です。

特徴として、耐汚染性、耐候性に優れた能力を発揮します。また、ニオイも少なく、幅広い用途で使用することが出来ます。

コスモシリコン

水性アクリルシリコン樹脂塗料です。

特徴として、耐候性に優れており、一液型で臭いが少なく、こちらも幅広い用途で使用することが出来ます。

セラMシリコンⅡ

油性アクリルシリコン塗料です。

特徴として、耐候性や耐汚染性に優れており、塗料用シンナーにて希釈をすることが出来ます。そのうえ、ニオイが少ないです。

アレスアクアセラフッソ

水性フッ素樹脂塗料です。

特徴として、耐汚染性、耐候性、そして弾性追従性に優れています。そして、上塗りとしても利用することが出来ます。

まとめ

関西ペイントは日本の三大塗料メーカーの1つです。外壁塗装のシェアは9%と少ないのですが、売上に関しては日本1位です。特に自動車用の塗料に関してはアジア圏では高いシェアを誇っています。

臭いがきつくない塗料を多く開発しており、遮熱・断熱塗料に近年は力をいれていますが、長期間の気候変化に強い塗料も得意としており、幅広く利用することのできる塗料を開発しています。

Pocket