Pocket

外壁塗装用の塗料メーカーとしては、株式会社日本プロツバルは歴史の短い、まだまだ若い塗料メーカーですが、JAXAの技術のもとに開発された塗料であるプロツバルの製造・販売を行なっています。特に地球温暖化に着目している企業であり、環境に負担のかからない塗料の製造・開発を行なっています。遮熱塗料の分野で将来性のある株式会社日本プロツバルを今回は紹介をします。

株式会社日本プロツバル

株式会社日本プロツバルは、2005年(平成17年)に設立された新しい塗料メーカーです。設立された当初から地球温暖化に着目しており、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の技術のもとに開発された遮熱塗料である「プロツバル」の製造と販売を行なっています。

環境に負担のかからない製品の開発・製造に努めており、省エネ塗料の「プロツバルシリーズ」で、今後、遮熱塗料分野で大きく躍進することが期待されている企業です。

プロツバル

プロツバルは、JAXA COSMODE PROJECTという、日本の宇宙開発から生まれた最先端のアイディアをより多くの人の日常に届けるため発足された「プロダクト開発プロジェクト」により生まれた、遮熱塗料です。

そのため、プロツバルにはJAXA COSMODE PROJECTであることを示す「JAXA COSMODE PROJECT」のロゴマークが付与されています。

そして、プロツバルの特徴としては、遮熱によってもたらされ省エネ効果が各方面から注目されており、戸建住宅をはじめ、ビルやマンション、公共施設などの外壁・屋根塗料として採用されています。

遮熱効果に関しては、株式会社日本プロツバルが行った実験では、一般塗料と比較をすると屋根表面温度が最大で26度の差があり、室内温度に関しては最大で10度の差があります。

また、汚れが付きづらいという特徴もあり、長期間にわたって優れた遮熱効果を維持し続けることができ、太陽光も効率よく反射させることができるので、室内の温度を快適な状態に保ち続けることができ、エアコン効率の向上につながり、結果的に省エネとなります。

さらに価格に関しても比較的安価となっていますので、低価格で省エネ効果の外壁塗装を考える場合、カラーバリエーションなども豊富なので、プロツバルシリーズがおすすめです。

まだ大手メーカーの塗料が使用されることが多いので、プロツバルシリーズを選択する戸建住宅などは多くはありませんが、徐々に件数を伸ばしています。

日本プロツバルの塗料

プロツバルⅦ

アクリルシリコン塗料です。

防汚染性、多孔性に優れており、屋根や外壁塗装することで太陽光を効率よく反射させることができるので、室内温度の上昇を抑えることができ、省エネに繋がります。

また、東京における環境と経済の好循環などを目的とした「クールルーフ推進協議会」が推進するクールルーフ推進事業において、太陽熱高反射塗料として認められました。

認められるためには「条件色N-6における日射反射率50%以上」という基準がありますが、プロツバルⅦは近赤外線領域に関しては88%の反射率を出しています。

プロツバルⅢ

アクリルシリコン樹脂塗料です。

赤外線吸収の低減と遮熱効率のアップ効果を期待することが出来る、太陽熱高反射塗料であり、非常に断熱・保温性能に優れています。

プロツバルⅧ

水性アクリル樹脂塗料です。

優れた遮熱性能、断熱、保護性能を持っています。耐湿性、耐アルカリ性、防カビ効果もあります。

耐湿性がありますので、室内の結露予防に効果を発揮します。

まとめ

株式会社日本プロツバルは、2005年に設立された、まだまだ新しい塗料メーカーですが、JAXA COSMODE PROJECTにより、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の技術を応用して開発したプロツバルシリーズが特徴の企業です。

プロツバルシリーズに関しては、高い遮熱性を持っている他、結露予防効果、断熱・保温性能に優れた塗料などがあります。

Pocket