Pocket

フッ素塗料に関しては非常のメリットの多い塗料であることは間違いないのですが、デメリットも当然存在します。メリットだけに目を奪われてデメリットを考慮せずにフッ素塗料を選択するのはあまりおすすめできません。今回はフッ素塗料のデメリットを紹介していきます。

価格が高い

フッ素塗料のデメリットの第1は価格が高いという点です。現在主流のシリコン塗料の場合1㎡あたり約1,800円から、という価格になります。シリコン塗料よりグレードの高いラジカル塗料は約2,200円からです。

では、フッ素塗料はどのくらいかと言いますと1㎡あたり約3,000円からです。単純に価格が高いです。

ただ、耐用年数などを考えれば、一生涯で経験する外壁リフォームの回数というのは少なくなるのは確かです。最低でも15年、最長で20年程度は外壁リフォームを考える必要は無くなります。そのため、コスパとしては優れており、1回にかかる費用というのは高額にはなりますが、元をとることはできるでしょう。

ただ、建て替えや住み替えを考えているのであれば、フッ素塗料での塗装はおすすめできません。

業者の技術力により効果に差が出る

これは、フッ素塗料に限ったことではありませんが、技術力がない塗装業者が外壁塗装をした場合、フッ素塗料の真価を発揮することができない可能性があります。

たとえば、下地の処理がいいかではフッ素塗料を塗ったとしても、結局のところ以前の塗料の上にフッ素塗料が塗られることになりますので、以前の塗料が劣化して剥がれ落ちてしまった場合、当然ですが、その塗料の上に塗られているフッ素塗料も同時に剥がれて落ちてしまいます。

また、フッ素塗料はクラックになりやすいとして、初めから施工を断る業者も存在するようですが、モルタルなどクラックができやすい外壁用のフッ素塗料というのも開発されており、フッ素塗料はひびが入りやすいとして断る業者というのは単純に技術力がないだけです。そのため、フッ素塗料での施工を断るという業者に関しては、初めから頼まない方が無難です。

はっきりいって、フッ素塗料は使用したのに、失敗しましたではフッ素塗料のメリットである耐用性を殺しているようなものなので、フッ素塗料を検討するのであれば、業者選びをかなり慎重に行う必要があります。

屋根の耐用年数は短い

フッ素塗料を屋根に使用した場合、当然ですが外壁に使用した場合と比較をすると耐用年数は短くなります。太陽光の紫外線を常に浴びているわけですし、雨水、雪、その他もろもろに常に晒されている屋根ですから、たとえフッ素塗料を使用したとしても耐用年数は短くなります。

そのため、家全体をフッ素塗料で塗った場合、外壁は現役なのに屋根だけはリフォームする必要があります。また、屋根のみならずシーリング材にフッ素塗料を使用した場合、シーリング材の方が先に寿命を迎えてしい10年ほどで打ち替える必要があります。

フッ素塗料を家全体に使用する場合、耐久性などを考慮して、耐久性が低い場所は塗膜を分厚くするなどして、カバーをしていくことが重要となります。

まだまだ一般向けではない

フッ素塗料に関しては、まだまだ一般向けの塗料ではありません。そのため、シリコン塗料を使用するのが、やはり一般的です。いずれ、シリコン塗料のように値下がりをするとは思うのですが、資産価値が本当に高い家以外には、そこまで積極的に使う塗料でもないとも言えます。

どうしても、一回にかかる費用が多くなりますので、そこまでこだわりがないのであれば、シリコン塗料を使用していた方が今の所は無難かもしれません。もしくは、屋根など一部に使用するというのが、フッ素塗料の使い方としては、現在のところ正しいのかもしれません。

まとめ

フッ素塗料のデメリットは、やはりまだまだ高嶺の花であり、高額なので選択肢には上がりづらい点があります。

また、屋根のような場所に使用した場合、フッ素塗料であったとしても20年とかは持たない点もあります。

なにより、塗装業者の技術レベルに左右されるものなので、業者選びを慎重に行わないと大損をする可能性がある点が、デメリットと言えます。

Pocket