Pocket

外壁塗装で使用される特殊塗料の中で最も高価であり、機能面が優れている塗料が、光触媒塗料です。日本の大手メーカーからは現在のところ発売されていない、非常に特殊な塗料です。

今回は光触媒塗料について紹介をします。

光触媒塗料

アクリル塗料やウレタン塗料などの一般的な塗料は、外壁を保護する役割を持つ樹脂によりグレードが異なります。アクリル樹脂であればアクリル塗料です。

一番、グレードが高いものはフッ素樹脂が含まれており、非常に強力な塗膜を形成します。この樹脂のグレードにより価格が高額になります。フッ素塗料はいまだに庶民が使用するには高すぎる塗料であるといえます。

また、機能的な成分を配合することにより従来の塗料とは異なる耐久力や機能性を持つ特殊塗料があります。ナノテク塗料やラジカル制御形塗料、断熱塗料、遮熱塗料などがあります。

これら特殊塗料の中で、現在、もっとも高価であり、機能面でも優れているのが光触媒塗料になります。現在のところ、光触媒塗料を中心に販売している塗料メーカーしか提供しておらず、大手の塗料メーカーからは発売されていません。

高価ですが機能面が優れていますので非常に人気のある塗料であることは間違いありません。

光触媒塗料の耐用年数

光触媒塗料を外壁に塗布した場合、フッ素塗料と同等の期間である20年は塗膜を維持するという高い耐久性を持っています。

しかしながら、すべての光触媒塗料が等しく20年程度の耐久性を持っているわけではありません。あくまでも目安であり、耐用年数が20年以下の光触媒塗料も多くあります。

光触媒塗料が発売されてから、まだ数年しか経っていませんので、確実に20年間高い耐久性を維持し続ける信憑性のある数字というものは実際のところありません。

繰り返しますが、20年程度耐久性があるといわれている光触媒塗料は一部のメーカーのものであり、すべての光触媒塗料が20年程度の耐久性を誇るわけではありません。メーカーごとに異なります。

そのため、信頼できるメーカー、たとえばTOTOなどから購入することをおすすめいたします。

塗料に関しては名前だけを使った粗悪品が多く出回るケースが多々ありますので、注意をしてください。

光触媒塗料の機能

セルフクリーニング機能

光触媒塗料は、汚れが付きにくく、汚れがついたとしても洗い流すセルフクリーニング効果を持っています。

空気清浄効果

光触媒塗料は、二酸化チタンという物質により塗膜表面は覆われます。

二酸化チタンは紫外線を浴びることで活性酸素を発生させることから、排ガスなどの空気中の汚染物質を分解することができます。

活性酸素は人間の体内でも生成されており、体内に侵入してきたウイルスや有害物質を酸化させて体外に排出する免疫機能を持っています。

活性酸素により分解された排ガスなどは、雨が降ったときに光触媒塗料のセルフクリーニング効果によりきれいに洗い流されていきます。

また、ニオイの原因である窒素酸化物、硫黄酸化物などの汚れを分解することも光触媒塗料は得意としていますので、消臭効果も持っています。

遮熱効果

光触媒塗料を塗ることで、遮熱効果が高まります。

遮熱効果とは、太陽光を反射させることにより、家の中に熱がこもらないようにさせる機能です。

本来は、昼間にあたった太陽の熱が家の中にたまり、涼しい夜に放熱をしますので、遮熱効果の無い家の場合、夏場は1日中ずっと暑いという現象が起きます。光触媒塗料を利用することで、この現象を避けることができます。

まとめ

光触媒塗料は登場してまだ間もない塗料ですが、耐久性に優れ、セルフクリーニング機能、遮熱効果などの複数の機能を持っています。

また、空気清浄効果なども持っていて、ニオイを抑える機能があります。

まだ一部のメーカーしか取り扱っておらず、メーカーにより耐久性が異なるなど、一般的ではない特殊塗料ですが、TOTOなどの信頼性の高いメーカーの光触媒塗料を利用してみてはいかがでしょうか。

Pocket