Pocket

tenbin128_128外壁塗装を計画する際に、どのように業者を選ぶでしょうか。家全体の外壁塗装をした場合、莫大な費用がかかりますので、なるべくはよい業者に外壁塗装をしてもらいたいと考えるのは至極当然のことです。今回は業者を選ぶ際のポイントの1つを紹介していきます。

大手業者・地元業者

外壁塗装に関しては、業界の大手業者に依頼をしたとしても、必ず満足いく結果というのは得られません。

例えば、大手業者の相談窓口は外壁塗装の知識が乏しい営業マンが立つことの方が圧倒的に多くなります。最近では、相談の席に職人を同席させて、見積もりなどの相談や要望を聞くという対策をとるようにはなっていますが、どうしても当初の予定とは異なった出来になる可能性を否定することはできません。

また、大手業者は中間マージンをとり、下請けの中小企業が外壁塗装を行ないますので、外壁塗装の費用が高額になる傾向があります。

逆に地元業者に関していえば、大手企業のように充実した保証期間を望むことができません。また、パンフレットなども大手企業と比べれば劣っていますので、依頼主は完成図をイメージしにくくなり、最終的にはイメージと異なるということもあります。

また、悪徳業者も一定数存在しますので、本来10年近く持つはずの塗膜が2年~3年で剥がれてしまい、文句をいっても保証期間が終了している、もしくはそういうものであるとして再度塗装を拒否するケースもあります。

つまり、大手企業でも地元業者でも、外壁塗装に関しては明確にメリット・デメリットが存在しているのです。

業者選びのワンポイント

大手業者でも地元業者でも、外壁塗装に関しては明確にメリット・デメリットがありますが、その中から、外壁塗装を依頼する1社を選ばなければなりません。

そのとき、業者選びのワンポイントとしては、複数の業者に見積もりを提出してもらうというのがあります。その見積もりから比較検討をしていき、もっとも条件がいい業者を選べば、業者選びで失敗するリスクというのが極端に低くなります。

依頼をするのは1社だけですが、見積もりの提出に関しては、1社だけしかダメというルールはありません。

大手業者、地元業者、それぞれから2~3程度の見積もりをもらっておくといいでしょう。そうすることで、自宅の外壁塗装の相場というものがわかります。

相場が解るメリットは?

自宅の外壁塗装の相場がわかることで、悪徳業者に当たるリスクを下げることが出来ます。

悪徳業者の場合、極端に高額な費用を請求するか逆に安くするかのどちらかです。

複数の業者から見積もりをもらい、自宅の外壁塗装の相場がわかっていれば、その相場から極端に外れた見積もり額を出す業者を避けることが出来ます。

例えば、相場よりもかなり低い場合、塗料を薄めての使用、もしくは工事期間を短くして人件費を削り、費用を低く抑えている可能性があります。これでは、外壁塗装が効果を発揮する期間が極端に短くなり、短期間の内に再度、外壁塗装をしなければなくなる可能性が出てきます。

費用以外も比較しましょう

見積もりによって外壁塗装の費用を調べるのは当然ですが、比較するのであれば下記の点も見ておくことをおすすめします。

  • 保証期間
  • 工事期間
  • 塗装内容
  • トラブル時の対応

特に、工事期間に関しては、通常は2週間以上かかりますが、この工事期間が極端に短い場合、塗料が完全に乾燥をする前にさらに塗料を塗るという工事方法を行ないますので、塗膜がもろくなってしまい、数年で塗膜の効果がなくなり、再度外壁塗装をしなければなくなります。

まとめ

外壁塗装でいい業者を見つけたい場合、業者選びの労力を削ってはいけません。

複数の業者から見積もりをもらうことで、下記のようなことを調べることが出来ます。

  • 外壁塗装の相場
  • 保証期間
  • トラブル時の対応
  • 工事期間
  • 塗装内容

これらの情報を見比べて、比較をして極端に安い、高い、もしくは高い業者は避けることで、満足のいく業者に出会える可能性が高くなります。

Pocket