Pocket

building2128_128外壁塗装を素人が行うのは全くおすすめすることができません。素人頑張っても、プロの足元にも及びませんので、プロに任せた方が安全なのです。では、大手のリフォーム業者に任せた方がいいのでしょうか? 今回は大手のリフォーム業者のリスクを紹介していきます。

大手が安心という心理

外壁塗装の業者に限らず、何事も業者を選ぶときは、その業界の大手に注目をしてしまいます。特に外壁塗装に関しては素人の方はまったく知識がないわけですから、有名な場所に依頼をすれば間違いないだろうと考えるのは至極当然です。

確かに、大手の方が施工や施工後のアフターサービスに関しては、安心をすることができます。そのうえ、迅速に施工をしてもらえる可能性が高くなります。

パンフレットなどもきちんとありますので、判断するにしても、パンフレットがあれば非常に判断しやすくなります。そのため、想像と違うとなるようなミスマッチが起きにくくなります。

対応の営業マンの知識が不足

しかし、大手のリフォーム業者の場合、お客との窓口が営業マンになります。営業マンは話がうまいのですが、実は外壁塗装に関してそこまで深い知識を持っていないケースが非常に高くなります。

営業マンとの話では、大手なので安心です、このようなことを言って信頼を勝ち取ろうとします。

ここで、一つの問題があり、大手のリフォーム業者の営業マンだからと言って外壁塗装の深い知識があるのかといえば、実はそのようなことはなく、営業マンは外壁塗装に関しては無知の人が多いのです。

営業の人ができると言ったことが、いざ外壁塗装を始める段になって、不可能であるというケースも出てきます。このようなケースが大手のリフォーム業者を利用すると起きる確率が非常に高くなります。

費用が高くなりがち

また、大手のリフォームの場合、下請けの塗装業者が行います。大手は下請け業者を紹介して、その中間マージンをとるという経営スタイルが一般的です。

そのため、大手リフォーム業者に依頼をしてしまう場合、その他の中小の塗装業者に依頼するよりも費用が高くなる傾向があります。そして、そのうちの幾分かが中間マージンなのです。

もちろん、なんらかのトラブルが起きた時は、中間マージン分はしっかりと保証してくれますので、安心を購入するという考えもできます。

ただ、安く作業をしてもらいたいという時には、大手のリフォーム業者というのは不向きであると言えます。

職人が変わる事も

施工期間が長くなれば、一つの下請け業者にも別件の用が出てきてしまいますので、また別の下請け業者へ引き継いで塗装をしてもらういとう事もあります。

そのため、職人の顔ぶれなどが変わってしまうこともあるのです。別に問題ないという人にはいのですが、このようなことも、大手へ依頼するとあるということです。

まとめ

外壁塗装に関しては、必ずしも大手が有利というわけではありません。大手に依頼をすることで長いアフターサービスを期待することができたり、パンフレットなどがそろっていたりしますので、便利なのですが、基本有利になるのはそれくらいです。

対応の窓口になるのが、外壁塗装の素人の営業マンが多くなり、その上、中間マージンを多額に取られてしまうので、聞いていたことと話が違うというケースが実際に存在する点は注意が必要です。

Pocket