Pocket

三菱グループに属している、国内第3位の塗料メーカーである大日本塗料。昭和4年に創業されている老舗中の老舗の塗料メーカーです。通称はDNTです。日本を代表する建造物の塗料などにも利用されています。今回は大日本塗料について紹介をします。

大日本塗料

大日本塗料株式会社は、1929年(昭和4年)に創業された老舗の塗料メーカーの1社です。三菱グループの塗料メーカーであり、三菱工法委員会の会員企業でもあります。そして、関西ペイント・日本ペイントに次ぐ、日本国内第3位の総合塗料メーカーです。

重防食・建材用塗料などを得意としており、通称は「DNT」です。

大日本塗料の実績としては、世界最大級のつり橋である、明石海峡大橋に超耐候性フッ素樹脂塗料である「Vフロン#100H」や厚膜形エポキシ樹脂塗料「エポニクスH」を使用しており、明石海峡大橋の長期メンテナンスフリーに貢献しています。またこれらの塗料は、明石海峡大橋以外にも、北海道室蘭市の白鳥大橋にも採用されています。

また、大日本塗料がかかわった日本を代表する建築物として有名なのは、東京ゲートブリッジ、丸の内パークビルディング、そして東京スカイツリーなどがあります。また、東海道新幹線700系のぞみにも、大日本塗料の塗料が使用されています。

製品としての特徴としては、塗装中藻塗装後も人と環境に優しく美しい仕上がりを実現させる塗料があり、それはゼロVOC塗料の「ノボクリーシリーズ」、そしてノボクリーンシリーズの進化系に光触媒塗料である「ノボクリーンバイオ」という製品の開発販売もおこなっています。主に内装用として使用されています。

ノボクリーンバイオに関しては光触媒塗料なので、光りが当たることで空気を正常化させる効果を持っています。

遮熱・断熱性能を持った屋根用の塗料として「エコクールシリーズ」というものも有名です。

大日本塗料は、他にもアクリル塗料やウレタン塗料の販売をもおこなっているのですが、外壁塗装に関しては、シリコンやフッ素などが一般的に使用される塗料になります。金銭的な問題と耐久性からフッ素よりもシリコンの方が人気です。ただ、耐久性に関してフッ素の方が高くなります。

大日本塗料の塗料

DNTビューシリコン

水性シリコン樹脂塗料です。

耐候性、耐汚染性に優れており、特に耐久性に関しては極めて高く、親水性のシリコン成分で塗膜表面が汚れにくという特徴を持っています。

Vシリコンマイルド

二液形アクリルシリコン樹脂塗料です。

耐久性が極めて高い、高耐候性であり、耐汚染性、そして耐薬品性などにも優れています。

ダンディシリコンクリーン

弾性タイプのシリコン樹脂塗料です。

高い耐候性を持っており、低汚染性にも優れた塗料となっています。

SBライズコート スマイル

弱溶剤形シリコン樹脂塗料です。

耐候性に優れ、防藻性をも兼ね備えています。

DNTビューフッソ

フッ素樹脂塗料です。

非常に耐候性に優れている超耐候性であり、耐水性、耐酸性、耐アルカリ性などの性能があります。また環境に非常に優しいうえに、建造物の耐久性を飛躍的に高める性能などを持っています。

Vフロン

常温乾燥形雨すじ汚れ防止フッ素樹脂塗料です。

特徴として、塗膜には汚れが付きにくいというのがあります。もし塗膜に汚れが付いたとしても、雨水によって汚れが落ちるセルフクリーニングの性能を持っています。

まとめ

大日本塗料は関西ペイント・日本ペイントに次ぐ、日本国内第3位の総合塗料メーカーです。三菱グループの企業であり、創業が昭和4年と塗料メーカーの中でも老舗に位置する企業です。

特に日本を代表するような橋や建造物、新幹線などの塗料として利用されており、耐久性が極めて高い塗料が多いのが特徴です。あまり塗料を塗りかえる回数が減りますので、長期的な視点に立ってみれば非常に経済的です。

Pocket