Pocket

logo39日本には様々な外壁塗装用の塗料メーカーが存在しますが、その中でも2000年(平成12年)に設立された、新しい塗料メーカーであるアステックジャパンがあります。ここはオーストラリアのアステックペイントの日本向けの総代理店として設立をされました。今回は、アステックジャパンについて紹介をしていきます。耐久性に優れた塗料に力を入れていますので耐久性の高いペイントをお考えの方は必見です。

株式会社アステックペイントジャパン

株式会社アステックペイントは、2000年(平成12年)に、オーストラリアに本社を置く、アステックペイントの日本向け総代理店として設立されました。本社は福岡県にあり、塗料の製造、販売、加工、輸入を事業内容としています。

2008年(平成18年)に、オーストラリア大使より、オーストラリア商品を幅広く日本国内に広めた功により、「IMPORT AWARD」の表彰を受けています。

アステックの塗料に関しては、長持ちすることで有名です。日本でアステックの塗料を正式に取り扱っているのは、アステックペイントジャパンの技術認定を受けた塗装業者に限られています。

また、今の日本の建物の寿命を長く持たせたいという「100年ペイント」をコンセプトにしており、耐久性に優れた塗料の開発に力を入れ、フッ素、光触媒塗料のような高い耐久性を持っている塗料と同等の耐久性を持った「ピュアアクリル塗料」の開発や「アステック塗料」の開発をしています。

遮熱・断熱塗料

夏の暑い時、冬の寒い時に、遮熱・断熱塗料を使用することで、光熱費を抑えることが出来ます。日本ではエアコンを多用するのですが、エアコンは家での消費電力の25%を占めるとまでいわれていますので、この遮熱・断熱塗料というのは省エネ、節約につながります。

アステックは、この遮熱・断熱塗料の開発にも力を入れており、屋根にアステックの塗料を使用することで屋根表面の温度が-15度になったという実験成果もあります。また、逆に室内の熱を逃がさないので、冬の寒い日でも室内は温かくなります。

特に、無機ハイブリッドコートJY-IRは、非常に高い耐久性を持っている無機ハイブリッド塗料に遮熱効果を加えた断熱塗料の1つです。遮熱効果のみならず塗料としての機能は高く、耐久性と遮熱性を持った高性能なこの塗料は、1㎡あたり4,300円程度になります。

塗料の価格としては高い方ですが、耐久性が20年程度ありますので、塗り替えの頻度は少なくなるため、コストパフォーマンスには優れているといえます。

株式会社アステックペイントジャパンの塗料

EC-2000F-IR

ピュアアアクリル塗料です。

防水性、超耐久性を持っており、遮熱効果もありますので、非常にコストパフォーマンスに優れた塗料です。

IRグロス

ピュアアクリル塗料です。

高い遮熱効果があり、太陽光の近赤外線を反射し、屋根、外壁から室内へ熱が伝わるのを防ぎます。

アーマフレックス

ピュアアクリル塗料です。

紫外線に強く、水性であり、ホルムアルデヒドの放散量が規程Fをクリアしたという安全性が極めて高い塗料になります。

シリコンフレックス

水性アクリルシリコン塗料です。

防カビ・防藻効果が高く、経済的に優れています。また、特殊処方を加えてありますので塗膜が汚れを防ぎ、安全性に関しても極めて高いでしょう。

シリコンフレックスJY

油性シリコン樹脂塗料です。

セラミックが配合されていますので耐汚染性に極めて優れており、また、親水性にも優れていますので、塗布した部分に付着した汚れは、雨水によって洗い流されます。

まとめ

アステックペイントジャパンは2000年に設立した、アステックペイントの日本向け総代理店になります。オーストラリア製の塗料を輸入して国内で販売していたので、2008年にオーストラリアから表彰もされています。

特に、耐久性に優れた塗料を多く取り扱っており、使用をすると数十年単位で建物の美観を維持することが出来ます。また、遮熱・断熱効果に優れた塗料も多く開発していますので、省エネ、節約にも効果を発揮します。

Pocket