Pocket

youngman128_128外壁塗装の業界は、悪徳業者が跋扈する業界です。そのため、毎年非常に多くの数の被害が出ています。基本的に悪徳業者は似たような手口を使用しますので、ポイントを知っていれば回避が可能です。今回は、悪徳業者の契約までの手口を紹介していきます。

悪徳業者の方法

まずは、悪徳業者の営業マンが良くやる手口を紹介していきます。

  • 不安を煽る
  • 即決を迫る
  • オリジナルの塗料を推す
  • 耐久年数を誤魔化す
  • サービス価格ですぐに割り引く

これらがあります。悪徳業者、特に訪問販売リフォーム業者は、これらを利用します。なぜなら、古くから使用されている安心安全な手口だからです。

不安を煽る

極端な話ですが、外壁塗装を行なわなくても、家というのはすぐにはダメにはなりません。

しかし、悪徳業者の場合はいかに外壁塗装をしないと危険であるか、さらに言ってしまえば、一度外壁塗装をしてから数年経過している家がいかに倒壊の危機に瀕しているかを、力説します。

これは、危機感を煽ることで、現状の外壁塗装の状態に不安や不満を抱かせるのが目的です。そして、その不安や不満を解決させることができるのは外壁塗装をすることノミであると、お客さんの思考を、外壁塗装をした方が自分たちは幸せに暮らせるでは? と誘導します。

即決を迫る

これは、余計な情報がお客さんの耳に入るのを防ぐための囲い込み的な手法です。

現在、インターネットがありますので、調べようと思えば、どのようなことでも調べることが出来ます。例えば、悪徳業者を避けるためには、塗装業者数社から見積もりをもらった方がいいという情報、これは悪徳業者にとっては非常に邪魔な情報です。

そのため、お客さんの外壁塗装をしなければという熱が冷めず、余計な情報が入らないうちに様々な手法で契約を結ばせようとします。

様々な方法の代表例は値引きです。今なら特別キャンペーンで何割引きとか、半額で請け負いますとかです。その他にも特典というのもあります。

今、契約を結べばお得であり、機会を逃せば損をする、人間の多くが損をしたくありません。少しでも得をしたいと考えます。さらに、外壁塗装に不安や不満がありますので、契約を結んでもいいかなと考えます。

もちろん、これらも訪問販売の古典的な手法です。

オリジナルの塗料を推す

悪徳業者に見られる手法の1つに、オリジナルの塗料を自慢するというものがあります。

この塗料は一般に流通しているものよりコストが高いのですが、その分、防水効果などの質が高いという、このようなものです。

塗料に関してですが、大手の塗料メーカーが数十年の歳月と莫大なコストをかけて研究に研究を重ねて開発をしていますので、悪徳業者のような中小の業者が塗料の開発に成功し、大手の塗料メーカーが開発した塗料より性能がいいなんてものは、ほぼ存在しないと言っていいでしょう。

耐久年数を誤魔化す

悪徳業者の場合、耐久年数を必要以上に長くいいます。30年は持つ、40年は持つ、といったところです。

塗料の耐久年数は10年前後が一般的ですが、美観や塗料の性能の問題から10年での再塗装が一般的です。

悪徳業者の場合、一度高額な金額を支払うと向こう30年は、外壁塗装に関する出費は0円なので相対的には損得0というのです。実際問題、そのようなことはありません。

サービス価格ですぐに割り引く

値引き交渉で、わざと高額な値引き額を要求して、断られたら再度妥当な価格を要求するというものがありますが、悪徳業者の場合はこれの逆を行ないます。

つまり、わざと高額の工事費を申し出て、難色を示したらサービス価格とか営業マンの独断とかですぐに割引をしていき、価格を調整していきます。値引きに成功したお客さんは満足しますが、営業マンの手のひらの上で踊っているにすぎません。

もちろん、それでも調べたらまだ相場よりも高い場合の方が多くあります。調べさせないように、即決を迫り割引をしていきます。それでも相場よりは高いのですから確実に儲けは出るので、悪徳業者からしてみればいくら割り引いても痛くないのでず。

実際問題、特別サービスで半額になるという時点で、その業者は怪しいと考えていいでしょう。

また、逆に相場より本当に安い場合、工事が適当になる可能性があります。薄めた塗料を使用する、下塗り、中塗り、上塗りといった工程を省く、もしくは短縮する、手を抜くポイントなんて多くあり、素人では見抜くことはできません。相場より安すぎる場合も注意をしましょう。

まとめ

悪徳業者の手口を紹介していきましたが、彼らの手法は昔からそこまで変わったという印象はないのですが、それでも騙される人が毎年かなり多くいますので、慢心は大敵です。

  • 不安を煽る
  • 即決を迫る
  • オリジナルの塗料を推す
  • 耐久年数を誤魔化す
  • サービス価格ですぐに割り引く

このようなことをした瞬間から、相手のことを信用してはいけないと心得た方がいいかもしれません。

Pocket