Pocket

外壁材のサイディングボードは、半永久的にメンテナンスフリーといわれていましたが、実際のところ定期的なメンテナンスが非常に重要となってきます。今回はサイディングボードのメンテナンスについて、築何年後におこなうべきかを解説していきます。

メンテナンスが重要なサイディングボード

サイディングボードは、メンテナンスフリーとして発売されていましたが、メンテナンスフリーというのはありえません。絶対にメンテナンスは必要です。これはサイディングボードに限った話ではなく、外壁材や外壁塗料全般に言える話です。外壁材や外壁塗料にメンテナンスフリーというものはありません。メンテナンスフリーとうたっている業者については悪質な業者の可能性が極めて高いので信用しないようにしましょう。

話がそれましたが、サイディングボードも日々のメンテナンスや手入れは必要不可欠です。サイディングボードの大手企業であるニチハは、サイディングボードを長寿化するためには適切なメンテナンスが必要であると断言しています。つまり、それほどメンテナンスというのは重要なのです。

業者へ依頼をして大規模にメンテナンスをするほかに、毎日、自分でおこなうことのできるメンテナンスも欠かすことなくおこなうことが、サイディングボードの長寿化、ひいては自宅の長寿化につながります。

サイディングボードの再塗装は築何年後がいい?

サイディングボードは塗装された状態で工場から出荷されます。そのため、塗装されていないようなのですが、きちんと保護目的の塗装というのはされているのです。樹脂系サイディングボードを除き、保護目的の塗装がされていないむき出しの状態で長持ちするというのは基本的にありえないのです。

では、サイディングボードの寿命と塗られた塗料の寿命、目地部分のコーキングのメンテナンス時期についてですが、サイディングボードに関しては10年~15年経過時点で塗装を1回しておいた方がいいでしょう。20年以降は塗装もしくはサイディングボードの貼り変えの時期と考えて間違いはありません。

コーキングについては、築5年以降から必要に応じて部分的、もしくは全体の打ち替えをおこなう必要があります。

つまり、築5年は様子見をして、5年~10年の期間で家全体でサイディングボードやコーキング剤に不具合がないかをチェックするようにした方がいいでしょう。家の一部のみの劣化具合を確認するのではなく、東西南北すべての面から劣化具合を確認しなければなりません。東西南北により劣化具合が異なります。特に、日陰になりがちな北側の劣化具合は他の面よりも酷くなります。

ただ、個人で劣化具合を調査するのは困難になりますので、きちんと業者へ依頼をして劣化具合やメンテナンスの有無を判断してもらうのが良いかと考えます。

まとめ

サイディングボードはメンテナンスフリーとの誤解がありますが、サイディングボードほどメンテナンスが必要な外壁材はありません。サイディングボードに限らず、メンテナンスフリーの外壁材・外壁塗装は存在しません。

メンテナンスについては、5年までは様子見をして5年~10年でどのくらいメンテナンスが必要か調べるといいでしょう。10年以降はコーキング剤を含め確実にメンテナンスが必要になります。

日々の手入れは必要ですが、本格的にメンテナンスをするのであれば、専門の業者に依頼をするべきであると考えます。

Pocket