Pocket

サイディングボードは、メンテナンスフリーで売り出されていましたが、現在ではメンテナンスをしなければ長持ちしないことがわかっていますので、メンテナンスフリーというわけにはいきません。今回は、サイディングボードのメンテナンスについて紹介をします。

サイディングボードの日々の手入れ方法

サイディングボードは、メンテナンスがいらないという誤解がありますし、メンテナンスフリーをうたう業者も存在しますが、塗料はもちろん外壁材にメンテナンスフリーというものはありません。外壁塗装を含めすべてメンテナンスをする必要があります。

特にサイディングボードについては築5年は、様子見でいいのですが、それ以降はメンテナンスをしっかりしなければ、サイディングボードの寿命が短くなり、ひいては住宅の寿命も短くなってしまいます。

大手サイディングボードメーカーであるニチハをしても、サイディングボードの長寿化をするためには適切なメンテナンスが必要と宣言をしていますので、日々の手入れが必要となるわけです。

では、日々の手入れとはどのようなことをすればいいのでしょうか。

ホースの水をかけて柔らかいブラシなどで汚れを落とすというのが基本的な手入れの方法となります。ホースの水圧については弱くて大丈夫です。

やってはいけないこと

逆に高圧洗浄機のようなものを使ってしまってはいけません。特に金属系サイディングボードの場合は絶対に使ってはいけません。

なぜなら、高圧洗浄機を使用してサイディングボードを洗ってしまいますと、高圧力の水でサイディングボードが崩れてしまったりへこんでしまったりします。また、塗膜が痛んでしまう可能性もあります。

専門の業者が使用している高圧洗浄機だけではなく、民間で普通に流通している弱い水圧の家庭用高圧洗浄機であっても8メガパスカルでサイディングボードを洗ってしまうと傷つけてしまうので、5メガパスカル未満の水圧で洗うことをおすすめします。ただ、高圧洗浄機を使用しないのが一番です。

普通に、水で洗った方がいいでしょう。

サイディングボードの洗い方

サイディングボードの洗い方としては、強い水圧にするのはさけて軽く濡らす程度の水圧でホースから水をかけましょう。ホースから水を出すときは上から下に書けるようにするといいでしょう。

逆に下から突き上げるように洗って水をかけてしまいますと、サイディングボードじたい、下から水がかけられるということを想定した作りになっていませんので、サイディングボードの隙間から中に水が入り、カビなどの原因になります。

後は柔らかいブラシでごしごしと洗えば、日々の手入れは十分です。5年以降はこの日々のお手入れのみでは対処することが難しくなりますので、プロの業者に相談をしてメンテナンスをしてもらった方がいいでしょう。

想像以上にデリケートなものですから、サイディングボードのメンテナンスは慎重におこないましょう。

まとめ

サイディングボードはメンテナンスをしなければ長期間使用することができません。大手のメーカーもサイディングボードは日々手入れをしなければならないといっています。

サイディングボードの手入れの際に気を付けるのが、高圧洗浄機の使用です。高圧洗浄機を使用してしまうと、特に金属系のサイディングボードは傷んでしまいます。また、塗膜の剥がれの原因にもなります。家庭用の高圧洗浄機の使用も避けた方がいいでしょう。

メンテナンス方法は、上から下に向けてホースで軽く水をかけて柔らかいブラシでごしごし洗う感じで十分です。下から上に水をかけてしまいますと、サイディングボードの中に水が入りカビなどの原因になりますので、注意をしましょう。

Pocket