Pocket

サイディングボードはメンテナンスフリーとして売り出されたものの、現在ではこまめにメンテナンスをしなければならないとされています。メンテナンスについても、かなり制限があります。たとえば、高圧洗浄機を使ってはいけないとか、下から上に突き上げるようにして水をかけてはいけないといったように、メンテナンスをするにしても気を使わなければなりません。今回は、カビ・藻・鳥の糞の汚れを落とす際の注意点を紹介していきます。

カビ・藻・鳥の糞の汚れを放置していると?

カビ・藻・鳥の糞についてはどれも見栄えが悪くなり、美観を損なう原因になります。たとえば、鳥の糞ですが見た目が汚く美観を損ないますがそれ以上に、鳩などの鳥の糞が乾燥し、その乾燥したものを吸い込んでしまうと、オウム病やクリプトコッカス症という病気に感染する可能性があります。また、サルモネラ食中毒・脳炎・ニューカッスル病・トキソプラズマ病・ヒストプラズマ病、そして、ダニやシラミなどの寄生虫被害にあう可能性もあります。

また、羽毛が喘息などのアルレギーを引き起こすこともあります。また、糞の中に生息しているダニが原因で皮膚炎になる可能性もあります。

つまり、鳥の糞が外壁についているということには何一ついいことがないのです。見つけたらすぐに取り除いた方がいいのです。また、取り除く際は直接触らないようにゴム手袋を装着の上、マスクをするようにしてください。

カビ・藻・鳥の糞の汚れを除去するときは?

カビ・藻・鳥の糞を落とす時に注意をしなければならないのが洗剤です。アルカリ性や酸性の洗剤は、窯業系・金属サイディングボードとは相性が悪い可能性があるので使用しないようにしましょう。

使用する洗剤については、中性洗剤を使用するようにしましょう。わざわざ中性洗剤を購入しなくても台所用の洗剤は中性洗剤になりますので、中性洗剤を利用することで洗剤の費用を浮かうすことができます。

また、注意をしなければならないのが、クレンザーのような中に粒子が入っている洗剤です。クレンザーを使用するとサイディングボードに傷がつく可能性がありますのでなるべくは使用しないようにするのが理想的です。

実際に洗剤を使用するときには、目立たないところでテストをしてみることをおすすめします。目立つところでいきなり使用してしまい、相性の悪い洗剤ではサイディングボードにしみのようなものがついてしまいます。これが目立つところについてしまうと最悪なので、目立たない場所でまずはテストをしてみることが必要です。

高所などの汚れについては一般人が独力で落とそうとするのはかなり危険ですから専門の業者に任せることをおすすめします。

まとめ

カビ・藻・鳥の糞については、放置していると非常に美観を損ないます、そして、特に鳥の糞に関しては、様々な病気の原因となるウイルスが存在していますので放置していても何一ついいことはないのです。

そのため、ゴム手袋とマスクをつけてさっさと落としてしまった方がいいのですが、サイディングボードには不向きの洗剤があります。それが、アルカリ性と酸性の洗剤です。またクレンザーのように粒子状のものが含まれているのもよくありません。

使用する洗剤は中性洗剤です。そして、実際に中性洗剤で汚れを落とす前にあまり目立たない場所で洗剤をためしに使用してみて、異常がないのかを確認したうえで、使用するようにしましょう。いきなり目立つ場所で使用してしまうとしみなどが非常に目立つ場所にできることになってしまいます。

Pocket