Pocket

サイディングボードの補修についてですが、個人がDIYでおこなうよりも、専門の業者に任せてしまった方が安心です。その業者ですが、たとえば、塗装業者のみに依頼をするのではなく、複数の業者に依頼をして多角的に状態を見てもらうことが重要となります。一般人では気づくことのできない異常もプロの目で見れば異常がわかるかもしれません。

サイディングボードは塗装をすれば終了ではない

サイディングボードはモルタルと異なり、塗装をすれば補修が完了するというわけにはいきません。モルタルとは異なり、サイディングボードは家の一部になります。

そのため、釘などがきちんと入っているのか、そして、サイディングボードの反りはどのようになっているかなどのチェックもしなければなりませんが、このあたりになりますと塗装業者によっては専門の範囲外となってしまいます。

つまり、一つの業者にのみ依頼をして完結するモルタルとは異なり、複数の業者に依頼をして多角的に補修の規模や必要性を見極める必要があります。

たとえば、塗装をする場合であっても、軽度のクラックなどであれば、補修してそのうえから塗装を行えば良い場合もありますが、重度のクラックの場合、そのようなことは不可能です。そのため、サイディングボードごとの取り換えが必要となる場合もあります。

塗装とは異なり、説明書を読めば誰でも簡単にサイディングボードを取り換えることができるわけではないので、専門の業者に依頼をしてサイディングボードの取り換えをしてもらう必要があります。

サイディングボード自体には異常が見られなくても専門の業者に依頼を

サイディングボード自体に異常が見られないので、そのまま上から塗料を塗ってしまってもいいという場合であっても、サイディングボードや家を長持ちさせるのであれば、釘の刺さり具合や反り具合などをチェックすることのできる専門の業者に一度見てもらう方がいい場合があります。

素人目には、当然、判断の付かない問題であっても表面化していないだけの問題などを早急に見つけることができ、結果として、家を長持ちかさせることが可能です。

釘をしっかりと打ち込んで、サイディングボードの反りなどを根本的に解決したのちに、塗装業者に塗装を依頼してもらい、大工や塗装業者などそれぞれ専門家に連携してもらい家の補修をおこなうのがベストです。

コーキングの打ち替え、打ち増し、サイディングの補修、サイディングの塗り替え、サイディングボードの交換、釘のチェックなど、サイディングボードはモルタルとは違う補修が複数あります。

そのため、一つの業者に依頼をするだけでは完璧な補修は難しい可能性があります。

まとめ

サイディングボードは、モルタルとは異なり塗装業者が塗装をすればそれで終わりというにはできないケースがあります。サイディングボードは家の一部になりますので、釘がきちんと刺さっているか、反りは大丈夫かなどを調べる必要があります。

これらは、一つの業者だけでは専門範囲外になる可能性がありますので、一つの業者に頼むのではなく、複数の業者に依頼をして多角的な視点で修復個所を見極める必要があります。

そのため、複数の業者にタッグを組んでもらい、専門分野からみて問題の有り無しを確認するのが一番でしょう。

Pocket