Pocket

サイディングボードが劣化していき、部分的に修復をするよりも、部分的に取り換えてしまった方が楽な場合があります。家全体を取り換えてしまうと高額な料金がかかりますが、部分的に取り換えるのであれば、そこまで高額な費用はかかりません。サイディングボードは必ず劣化していくものですから、取り換えも視野にいれて考えていきましょう。

サイディングボードの取り換え

サイディングボードのクラックについては、何らかの原因が家にある可能性があります。そうしなければ、基本的にクラックというものは生じません。ただし、クラックや反りに関しては修復することが可能です。

釘の打ち直しやV字に溝を作って補修をする方法です。個人的にすること可能ですが、より確実に修復をしたいのであれば、業者に任せてしまった方がいいでしょう。そして、業者に任せてしまうのであれば、専門業者しかできないサイディングボードの交換をしてもらった方がいいかもしれません。

サイディングボードの交換といっても家全体のサイディングボードを取り換えてしまいますと、100万円~300万円ほどの価格がかかります。そのため、1枚だけ換えるという方法があります。1枚だけ換えるのであれば、そこまで高額な工事費用はかかりません。

サイディングボードの取り換え方

サイディングボードの取り換えの方法についてみていきましょう。とはいいましても、一般人では実行することは困難を極めますので、専門業者に任せることを強くおすすめします。専門的に知識や技術が必要になりますのでDIYでおこなうことはまずできません。

サイディングボードは、何もない状態から1枚1枚重ねながら貼っていくものです。そのため、1枚だけ取り換えるというのは、補修方法としては適していません。そのような場合は、取り換える部分のボードを部分的に削ってうまくはめていく必要があります。

サイディングボードを釘で止めるタイプなのか、金具に引っ掛けていくタイプの2つの種類があります。そのため、施工方法が若干異なります。

金具で止めるサイディングボードの場合

  1. サイディングボードのコーキング剤をカッターナイフにて剥がしていきます
  2. 電動のこぎりでサイディングボードを切断して取り外します
  3. 取り換え用のボードをはめやすいように部分的に加工をして金具に引っ掛けます
  4. 強度が心配な場合、釘で固定をします
  5. 新しくはめた部分の周辺にコーキング剤を注入して完了です

釘で止めるサイディングボードの場合

  1. サイディングボードのコーキング剤をカッターナイフにて剥がしていきます
  2. 取り外すボードの釘をすべて外します
  3. バールを使いボードをてこの原理で外します
  4. 交換用サイディングボードをはめ込みます
  5. 釘を打ち固定して、周りにコーキング剤を注入していきます

このようなことを個人的にDIYですることは、ほぼ不可能といって過言ではありませんので、専門の業者に依頼をした方がいいでしょう。

まとめ

サイディングボードを部分的に補修するよりも、部分的に取り換えるという方法があります。しかし、この方法は専門的な知識と技術が必要になりますので、個人的にDIYで行うというのは不可能といって過言ではありません。

金具で引っ掛けていくタイプのサイディングボードと釘でとめるサイディングボードがあり、工程が若干異なります。

部分的に取り換えるのでそこまで高額な費用がかかるわけではありません。

Pocket