Pocket

kikusui下地から上塗りまで一貫して施工することのできる塗料メーカーとして、菊水化学工業があります。外壁塗装に特化した商品開発に力をいれている企業です、塗装業界では名前を知らない人はいない程の有名塗料メーカーです。外壁塗装、屋根の塗装の塗料を考える際には考えてもいいかもしれません。

菊水化学工業株式会社

菊水化学工業株式会社は、愛媛県の名古屋市中区に本社を置く塗料メーカーです。1959年に菊水商事有限会社として創業しました。1963年に現在の菊水化学工業株式会社に社名を変更しています。さらに1988年に名古屋証券取引所に上場も果たしています。また、東京証券取引所市場第二部に株式を上場しています。

以前は仕上げ剤メーカーでしたが、2010年に下地調整鋼材メーカーの日本スタッコ株式会社を子会社化していますので、下地から上塗りまでを一貫して自社メーカーで施工することが可能になり、現在はこれを強みに活動をしています。

品質面に関してはISO9000を取得しており、外壁塗装業界では知らない人はいないという有名なメーカーです。創業当初から外壁塗装に特化して商品開発を行ない、一般戸建住宅、公共建築物、高層マンション、そしてアパートなどの建物の塗料に関してすべての種類をそろえています。

環境やリサイクルに配慮した建築用塗料の製造販売に力をいれており、一般の住宅に多く使用されています。また、日本スタッコ株式会社を子会社にしているので一般住宅の外壁塗装時におこなう、補修、下地処理の際に自社で開発販売をしていない材料との付着試験などをしないよりは、している菊水化学工業株式会社を選んだ方が安心することができるでしょう。

また仕上げ色に関しては1200色も用意されており、少しのロット単位で調色するシステムを確立しています。

近年では、遮熱塗料の開発にも力をいれています。特にアドマクールペイントというアクリルシリコン系高日射反射率料に関しては、塗装をすることで室内温度差は-3度、屋根裏温度差に関しては-35度にもなる効果を発揮しています。さらに、ピカルームという室内照度向上塗料を使用すると室内を明るくすることができますので、アドマクールペイントとピカルームをあわせて省エネにつながります。

さらに、ナノペイントという塗料に関しては、耐候性に優れた塗料であり、塗膜表面が水に馴染む無機質成分で構成されていますので、雨が降ると汚れが落ちやすく、そもそも汚れにくいというなどの性能があります。

菊水化学工業株式会社の塗料

ナノペイント

有機と無機のハイブリット艶消し塗料です。

耐候性、耐色性に関しても非常に優れた効果を発揮する塗料です。従来の艶消し塗料に関しては汚れやすいものが多かったのですが、ナノペイントに関しては汚れにくく、さらに耐汚染性能をも持っています。

水系ファインコートシリコン

水性アクリルシリコン樹脂塗料です。

リフォームや一般住宅の内装などに使用される塗料ですが、非常に人気のある塗料であり、多様な性能を持っているものの価格は低めになっています。

基本的な性能としては、耐候性・耐久性・低汚染性に優れています。また、特徴として水性であるにも関わらず密着性に優れています。下地がしっかりしている塗り替え時などではシーラーレスで使用することが出来ます。

ビュートップフッソ

アクリルフッソ樹脂塗料です。

特徴として、高耐候性がありますので、塗膜の親水性の働きにより汚れがつきにくく、さらに防藻・防カビ性に優れています。

K’s水系フッ素エース

水性フッ素樹脂塗料です。

防藻・防カビ性に優れており、そのほかに、高耐候性・低汚染性など戸建住宅の外壁塗装の塗料に非常に適している塗料といえます。

まとめ

菊水化学工業株式会社は、塗装業界では非常に有名な塗料メーカーです。以前は建築仕上げ剤のみでしたが、日本スタッコ株式会社を子会社化していますので下地から上塗りまで一貫して自社メーカーで補うことができる点はメリットです。

環境やリサイクルに配慮した建築用塗料の製造開発をメインに行い、一般住宅、公共建築物、高層マンション、アパートなど幅広く建物の外壁塗装ができる塗料が多く、一般住宅なら屋根、外壁、内装までできる塗料を多く取り揃えています。

Pocket