Pocket

外壁リフォームを検討するきっかけになるのが、外壁のひび割れではないのでしょうか。モルタルなどの左官材料を使用しますと、どうしても外壁にはひびが入ってしまいます。しかも、外壁の面積は広いですから、そのひびが非常によく目立ってしまいます。今回は、そもそもひび割れがなぜ起きるのかを紹介していきます。

なぜ、ひび割れが起きるのか

外壁は面積が大きいので非常に目立ちます。そこにひび割れがあれば、目立つなという方が無理な話です。

しかし、なぜひび割れが起きるのでしょうか。

モルタルという左官材料を使用する場合、乾燥により収縮してしまい、結果としてひびが発生してしまうのです。モルタルは水とセメント、砂を混ぜ合わせて使う、湿式材料と呼ばれる種類に分類されます。この湿式材料は、乾燥による収縮が必ず起きてしまいます。

そのため、外壁に何もしていなくても乾燥収縮により外壁にひびが入ってしまうのです。外壁塗装業者のミスや欠陥住宅ではなく、モルタルという材質の宿命のようなものです。施工業者がひびを無くして施工をするというのは、難しくほとんどの場合、ひびが出てきてしまうのです。技術的に限りなく不可能に近いといえる問題です。

ただ、モルタルのひび割れというのは外壁の見栄えが悪くなるという観点からは大きな問題にはなりますが、建物にとってはそこまで大した問題ではありません。

ひびというのは必ずはいるものであり、いかにリフォームの際に目立たなくするのかということに主眼を置いた方が、建設的なものとなるでしょう。

施工業者のミスの可能性

もちろん、施工業者の工程に何等かの問題があるというケースも否定することはできません。現在の業者はひび割れを減らすために、ガラス繊維のメッシュなどをモルタルの中に含ませひび割れを起こしにくくします。

しかし、何等かの理由で工期が遅延する可能性があり、そのことでペナルティが発生するのであれば、施工業者は工期を合わせるために無理をする可能性があります。

たとえば、適正な乾燥期間をおくことなく、乾燥期間を短縮して工期の短縮を図るというものです。素人目にはわかりませんが、ひび割れを起こすかの可能性は大いに高まるのです。

特に住宅会社の決算期あたりは、工期を短縮させる傾向があります。決算に間に合わせるように無理をして工期の前倒しをしていくわけです。

決算期は、本決算が3月、中間決算が9月の会社が多いので、この時期に外壁の施工をした場合、もしかしたら? と考えてもいいかもしれません。

外壁のひび割れをリフォームする時期

時期というのは、家を建ててからの築年数で考えての話です。2年未満でひび割れを見つけてしまい、どうにも気になり外壁リフォームをしてしまうと、家がまだ完全に落ち着いていませんので、リフォームをしても、新しくひび割れてくることが多くなります。

そのため、2年以上築年数が経過し、家の建材が落ち着いてきたのであれば、現在のひび割れの進行が止まります。それから補修をした方が、イタチごっこにならずにひび割れの外壁のリフォームを完了させることができるでしょう。

つまり、気になるからすぐに外壁のリフォームをするのではなく、外壁や家の建材が落ち着くまで数年単位で待ち、それからリフォームをするというのが理想的なひび割れ対策の外壁リフォームとなります。

まとめ

外壁の美観をもっとも損なうのが、外壁のひび割れです。ひび割れは広い外壁では目立ってしまうので、すぐに外壁リフォームを検討してしまいがちです。

ひび割れは使用している材料、たとえばモルタルならば高い確率で乾燥により自然に起きてしまいます。起きないように工夫を凝らしていますが、完全に防ぐことは不可能です。

そして、すぐにリフォームを検討するのではなく、家や建材が落ち着き、ひび割れの進行が止まる2年以降に外壁リフォームをしなければ、意味をなさないケースがあります。

Pocket