外壁塗装完全ガイドでは、外壁塗装の費用相場や見積もり方法から、外壁塗装の種類や失敗しないための業者選び、外壁塗装をすべき時期や耐用年数など、外壁塗装(外壁リフォーム)の情報を網羅した総合サイト。外壁塗装を検討する方必見です!
Pocket

外壁塗装の必要性とは?

外壁塗装は、家の美観を保つためだけにおこなうものではありません。外壁塗装については、特に美観の維持というのは、生活の中では、そこまで高いレベルで必要性があるものではないので、以前の外壁塗装の工事をしてから10年以上なにもせずに放置しているケースがあります。

10年以上外壁塗装の工事をしなければ、塗装が外壁のバリア機能を果たさなくなり、壁にかろうじて張り付いているだけになります。そうなりますと、外壁の劣化が著しく進行します。

なぜなら、24時間365日外壁は風雨にさらされ、紫外線を浴びているので外壁の塗膜が劣化していき、外壁が直接、風雨にさらされ、紫外線を浴びるようになります。

そうすると、外壁そのものが劣化してしまい、雨漏りをはじめとして家全体の劣化につながり、家の寿命を短くすることになります。

外壁塗装の期間について

近年では、フッ素樹脂塗料のように高性能の塗料が開発されています。フッ素樹脂塗料は15年~20年程度は外壁塗装をしなくても塗膜がしっかりと結びつき、外壁を風雨や紫外線から守ります。

しかし、一昔前に主流であったウレタン樹脂塗装の場合、10年前後で塗り替え時期を迎えます。そのため、一般的には外壁塗装の周期は10年とされています。以前の外壁塗装の工事から10年経過したら、外壁塗装を検討する時期です。

近年では、ウレタン樹脂塗料よりも高性能なシリコン樹脂塗料が主流となり、これは10年~15年が塗り替えの目安とされています。

もちろん、ウレタン樹脂塗料よりもシリコン樹脂塗料の方が高額であり、さらにフッ素樹脂塗料が高額です。まだまだフッ素樹脂塗料は一般的に使用される塗料ではないので、費用対効果を考えて選択をするべきでしょう。

塗り替えのサインについて

  • クラック(ひび割れ)
  • コケ・藻
  • カビ
  • チョーキング現象

これらの減少が外壁に起きている場合、すでに塗料の塗膜が機能を果たせなくなっており、このまま放置すると外壁そのものにダメージが発生しますので、このような現象が外壁に起きた場合は塗り替えの時期と考えるといいでしょう。

塗料の対応年数よりも早くこれらの塗膜の劣化現象が起きた場合、施工をおこなった業者のミスの可能性があります。塗料については、メーカーが定める分量、撹拌作業をしっかりとおこなえば、メーカーが指定する年数は必ず塗膜を維持することができます。そのため、チョーキング現象が説明よりも早く出てきた場合、施工不良を疑いましょう。

チョーキング現象とは?

チョーキン現象とは、外壁を手でこすると白い粉のようなものが手につく現象です。これは、外壁塗装が塗膜劣化することにより起きる劣化現象であり、別名「白亜化現象」といいます。業者の中には「塗料の風化」や「粉がふく」と表現することもあります。

チョーキング現象は、塗膜の中にある顔料が粉化して表面にあらわれてくる現象であり、顔料を含まないクリアー塗料の場合、チョーキング現象は起きません。ただし、色がついている塗料に関してはすべての塗料で経年劣化とともにチョーキング現象は起きます。

チョーキング現象の原因のほとんどが、劣化が原因の塗膜の劣化です。しかし、施工不良によってもチョーキング現象は起きます。つまり、外壁塗装をおこなう際に業者が手順を間違えたり、正しい手順で作業をしなかったりする場合、チョーキング現象が起きる時期が早まることがあります。

前述しましたが、塗料はメーカーの指示通りに外壁塗装工事や塗料に対する知識を持っているものが、分量を量り撹拌などの手順を踏んで作業をすれば、メーカーが設定する対応年数は必ず持つようになっています。

そして、チョーキング現象は劣化現象の中では比較的、後の方に出てくる劣化現象です。たとえば、もっとも耐用年数が短いアクリル樹脂塗料(5~8年)であっても5年程経過しないとチョーキング現象は起きません。それが、外壁塗装の工事後1年~2年程度でチョーキング現象が起きたのなら施工業者が手抜きなどをした施工不良の可能性があります。

10年以上持つシリコン樹脂塗料を外壁の塗料として使用し、数年でチョーキング現象が起きた場合は高い確率で施工業者の手抜きです。もちろん、異常に紫外線が強い地域、海が近く塩害に悩まされる地域の場合、単純にメーカーが想定する自然環境よりも過酷な環境なので単純に塗料の劣化です。

屋根の塗装について

外壁塗装を考える場合、見落としてしまうのが「屋根の塗装」です。屋根は外壁よりも過酷な自然環境に晒されています。外壁よりも紫外線が当たりますし、風雨も外壁よりも当たります。

そのため、同じ塗料を使用したとしても、屋根と外壁とでは対応年数が数年単位で異なります。また、定期点検の際に屋根塗装をすすめられても、外壁よりも劣化具合がわかりませんので、ついつい後回ししてしまいます。

家全体を同じグレードの塗料で塗るというのも1つの手ですが、屋根の方が劣化は早いので、同じ塗料ではなく屋根だけワンランク上の塗料を使用することにより、屋根のみの塗装という煩わしい手間を省くことが可能です。

屋根塗装の劣化から起きることは?

もし、屋根塗装をせずにそのまま放置すると、高い確率で雨漏りを起こます。雨漏りをする場合、屋根近辺の建材はカビや劣化が進行していますので、最悪の場合は屋根を葺き替え工事が必要となります。

屋根塗装のメリットは?

屋根塗装をするメリットには、このようなものがあります。

  • 防錆性の向上
  • 防水性の向上
  • 屋根材の保護力の向上
  • 抗菌性の向上
  • 遮熱性・断熱性の向上

防錆性の向上

棟板金やトタン屋根といった、錆びが発生する屋根は、屋根塗装をすることで錆びの発生を抑えることができます。

防水性の向上

既に雨漏りをしている場合、その雨漏りは屋根塗装をしても直りません。ただ、現在、雨漏りをしていない場合、将来にわたって雨漏りの予防をすることができます。

屋根材の保護力の向上

スレートや金属部分の腐食を抑制することが可能です。屋根を長期間保護することができ、屋根の葺き替え工事が必要なくなります。

抗菌性の向上

スレートに繁殖するコケや屋根下地部分に発生するカビを抑えることができます。

遮熱性・断熱性の向上

屋根の塗装をすることで、真夏には屋根から室内への熱を伝わるのを防ぐので室温を下げることができ省エネにつながります。逆に冬は室温が外へ逃げるのを抑えるので暖かい状態を維持できます。

1年を通して過ごしやすい環境、そして省エネにつながります。

屋根塗装のデメリットは?

屋根塗装のデメリットですが、これは屋根塗装をした業者が原因で起きるデメリットになります。良い業者を選ぶことで避けることのできるデメリットです。

  • 雨漏り
  • 塗料がはがれる

雨漏り

屋根塗装のデメリット、といいますか失敗で起きる雨漏りですが、これは素人が屋根塗装をした場合に起きる塗料の塗り過ぎによって起きる現象です。もちろん悪徳業者や格安業者も塗料の塗り過ぎをします。多く塗料を塗った方がより雨漏り対策になりそうなのですが、実は雨漏りの原因になります。

塗料がはがれる

外壁塗装の工事をする際には、一度高圧洗浄機などを利用して屋根や外壁についている汚れや錆びなどを完全に落としてから、塗装を始めます。この作業を怠ると数年単位で屋根や外壁の寿命が短くなります。

なぜなら、汚れや錆びの上に塗料を塗って塗膜を形成したとしても、外壁ではないので簡単にはがすことができます。また、屋根に使用されている材料とマッチしていない塗料を使用すると塗膜を適切に形成することができず、簡単にはがれてしまいます。

塗料の種類とグレード

塗料の種類とグレードを紹介します。

塗料は、顔料、添加物、樹脂の3種類を1つの塗料になります。

顔料は、塗料の色などの役割を持っています。チョーキング現象の原因が顔料です。そして、添加物ですがこれはツヤあり、ツヤなしといった塗料に特別な性能を与えるものです。

最後に、樹脂です。耐久性などに密接に関わりがあります。この樹脂に何を配合しているかで、塗料のグレードが異なってきます。塗料のランク付けとして「アクリル」や「フッ素」という言葉を使いますが、それは「アクリル樹脂」と「フッ素樹脂」のことを指しています。

そして、一般的には現在は下記の4つの樹脂があります。

  • アクリル
  • ウレタン
  • シリコン
  • フッ素

このほかに、新しくラジカル樹脂などがあります。また、光触媒といったフッ素よりも優れた性能を持つといわれている物も登場しています。

アクリル

20年以上前に開発された樹脂であり、ウレタン塗料が高級品であった時代に使用されていました。現在でも新築の住宅には使用されるケースがあります。ただ、耐久力が低く塗り替えのときには使用されません。

新築の場合、まだ材料に使用した木材が収縮をする可能性があるので、わざと耐久性の低いアクリル塗料を使用して、木材が落ち着いたら別の塗料で外壁塗装をするために、わざとアクリルを使用します。

耐久性が5年~8年程度ともっとも短く、屋根用の塗料としては使用することができません。しかし、価格が他の塗料と比べると安いというメリットがあります。ただし、まともな業者であれば、アクリル塗料をすすめません。

ウレタン

ウレタン塗料は、現在主流とは言い難いのですが、好まれて使用されている塗料です。

  • 光沢がある
  • 様々な場所に使用することが可能
  • 密着性が高い
  • シリコンに比べて若干安い

このようなメリットがあります。特に木部などに塗ることができ、ウッドハウスのような家の場合はウレタンの方がキレイな仕上がりとなります。

ただし、耐久性は7年~10年。屋根では5年~7年となります。耐久性のみを考えればシリコンに劣る塗料です。

シリコン

現在、主流の塗料です。シリコン樹脂の塗料です。

  • 耐候性が高い
  • 汚れが付きにくい
  • 色あせしにくい

このようなメリットがあります。価格も以前よりは安くなっています。ただ、ウレタン塗料よりは10万円程度は高額になるでしょう。その分、次に外壁塗装をするまでの期間が長くなりますので、利用しやすい塗料の1つといえます。

  • 塗料の密着性が弱い
  • ひび割れが起きやすい
  • 木部では使用できない

シリコン塗料のデメリッとしては、木部では使用することができないなどがあります。外壁にあった塗料の選択をしなければなりません。

ウレタン塗料orシリコン塗料

ウレタン塗料もシリコン塗料も一長一短があります。そのため、どちらの塗料が優れているとは断言が難しくなるでしょう。

デメリットとメリットを考え、ウレタン塗料にするかシリコン塗料にするか、外壁の種類により選ぶ必要があります。耐久性だけではなく、幅広い視点からの選択が必要です。

フッ素

フッ素塗料は、東京港区にある六本木ヒルズをはじめとした、有名な商業ビルの外壁に使用されている塗料です。もともと商業ビルの外壁塗装のために開発された樹脂になりますので、まだまだ気軽に選択することができない塗料です。

  • 耐久性が高い
  • 耐熱性がある
  • 親水性(低汚染性、耐汚染性)に優れている
  • 防藻性・防カビ性に優れている
  • 防水性・耐水性に優れている

このようなメリットがあります。親水性に優れていますので、汚れがついても雨が降れば、汚れを浮かして洗い流すセルフクリーニング効果を持っています。

また、耐久性は従来の塗料よりも高く15年~20年は塗り替える必要がありません。しかし、その分、お値段が高く、第一選考とはなりにくい塗料です。将来的には価格が下がるとは思われますが、現在のところは一部の方向けの塗料です。

3大塗料メーカー

日本には外壁塗装の3大塗料メーカーが存在します。

  • 日本ペイント
  • エスケー化研
  • 関西ペイント

この3つです。そのほかにも、優良な塗料メーカーは存在しますが、どこの塗料を使いましょうか、という話しになった場合、この大手3社の中から選ぶと失敗しません。

名前を聞いたこともない外国や国内の塗料メーかー、外壁塗装業者オリジナルの塗料は、絶対に使用を避けましょう。塗料の開発には莫大な人・物・金・時間を必要とします。

外壁塗装業者が片手間にオリジナルの塗料を作ることは不可能です。そのような業者は危険なので業者選びをやり直しましょう。

業者選びの重要性

素人の塗装は危険

外壁塗装ですが、DIY感覚で素人がおこないますと、高い確率で失敗します。ちょっとした部分ならいいのですが、家全体の外壁塗装をするのであれば専門の業者に任せることを強くおすすめします。

ケガやご近所トラブルの原因になり、業者に任せるよりも時間と金銭がかかります。自分でできると張り切っている方が家族の中にいた場合、全力で説得をしましょう。

悪徳業者

外壁塗装の業者ですが、実は開業するために必要な資格はありません。昨日まで本屋だった人が外壁塗装業者として開業することも可能です。しかも、高額な施工費用が手に入り、適当に塗装をしても問題が出るまで最短で1年以上はかかります。

さらに、相場が存在しません。相場が存在しない以上、提出された見積り額が適正なのか適正ではないのか、素人では絶対に判断することはできません。このように、悪徳業者がはびこりやすい環境が外壁塗装業界にはあります。

詐欺の方法は様々ですが、訪問販売スタイルの外壁塗装業者のセールスマンが、たとえば大幅な見積額の値下げなどの好条件を付けてきても契約をしないことが重要です。

優良業者

優良業者を見分ける方法は下記の物です。

  • 一級塗装技能士
  • 塗装工事業許可証

一級塗装技能士は国家資格であり、実務経験が7以上なければ取得することができません。合格率も50%と受ければ誰でも受かる試験ではありません。

塗装工事業許可証については、10年以上塗装業をおこなっている業者にしか発行されません。その上、5年ごとに更新の必要があります。

この2つを事務所に飾っていれば、その業者は優良業者の可能性が高くなります。業者選びに悩んだ場合、実際に業者の事務所を訪れましょう。

複数の業者に見積もり依頼

業者を選ぶさいには、複数の業者に見積書を作成してもらいましょう。その見積書を見比べて、自身の家の外壁塗装の相場がわかります。同時に変に高かったり、安かったり、怪しげな業者を排除することもできます。

業者選びなどは面倒ですが、外壁塗装の価格を考え損をしないようにする、少しだけ頑張るのが重要です。

おすすめの外壁塗装サポート情報サービス

外壁塗装の窓口[全国対応]

外壁塗装の窓口[全国対応]は、全国500社以上の優良加盟店から見積りを取り寄せることができる一括見積もサイトです。外壁塗装の優良店を無料で紹介する、独立した第三者機関が運営をしており、日本国内に存在する外壁塗装業者の中から外壁塗装の窓口[全国対応]の厳しい審査基準を満たした人気店のみを紹介しています。

国内最大級の規模を誇っており、3分でぴったりの優良塗装業者を紹介してくれます。その手軽さから、利用者数は110万人を突破しました。

専門知識を持った女性担当相談員が塗装店の紹介からアフターフォローまでしっかりと相談に乗り、お断り代行制度やイエローカード制度などW安心制度も完備です。

外壁塗装の業者選びのポイントの1つに、地域環境を熟知した業者を選ぶというものがあります。たとえば、海の近くなら塩害があります。この塩害に対する知識がある業者なら塩害に強い塗料を選択します。結果、塩害に強い塗料が長期間、外壁や家をしっかり守ってくれるでしょう。

このように地域環境を熟知した業者、さらに、調べるのが難しい外壁塗装の適正価格を無料&匿名で10秒でチェックすることができます。高額になってしまう外壁塗装、安心して納得できる業者選びのために、外壁塗装の窓口[全国対応]を利用してみてください。

Pocket

外壁塗装

サイディングの補修方法について

サイディングの補修の工程について、どのようになるのでしょうか。サイディングの補修、塗装の工程はモルタルとほとん …

サイディングの構造

サイディングボードの構造について紹介をします。サイディングボードとコーキング材は家の最も外側にあり、雨水から家 …

コーキングを全面改修にするか部分改修にするか

コーキングを全面改修するべきか、それとも部分的に改修するか、悩みどころであるといえます。業者によっては一度、全 …

コーキングの寿命と2種類の工法

サイディングボードは、サイディングボード本体、コーキング、サイディングの塗料の3つの寿命を考えてメンテナンスを …

コーキング剤とは?

コーキングとは、サイディングとサイディングの間の目地と呼ばれる継ぎ目の部分に入れる柔らかいゴムのようなものです …

外壁塗装のタイミング

PAGETOP